プエブロナチュラルシャグオレンジを試してみた。【シャグレビュー】

シャグ

みなさんこんにちは✨

 

【今日のコラム】

先日の平日の夜、ルームシェアしているゆきえを夕飯を済ませ、皿洗いが終わってテレビを観ながらゆっくりしていた時の話・・・

 

ゆきえが自分の部屋からニヤニヤしながら出て来たので、

 

イッチー
イッチー

ゆきえ、なんか面白い事でもあった❓

 

ゆきえ
ゆきえ

えへへ、イッチーこれ、匂ってみて😁

 

と、クシャクシャになったレジ袋に入った衣類らしき物を私の鼻の近くに近づけて来ました。

 

イッチー
イッチー

うわっ‼️クッサ‼️‼️なにこれwww

 

ゆきえ
ゆきえ

今部屋を片付けてて見つけたんだけど、
多分、夏にジムで運動した後、汗だくになったから着替えた服だと思うけど、家に帰って来て部屋にそのままにしちゃってたやつ😁

 

と言いながら袋の中を見せてきたので、中を見たら所々にカビが生えていて、よく見ると、うまい棒の食べた包み紙も一緒に入っていました。

 

イッチー
イッチー

いやもう捨ててwwwwww

 

と、ナウシカの腐海の様になった袋をパンチングボールをはたく様「パン‼️」とはたくと、袋は1m位飛んで行き、服とうまい棒の包み紙が袋から飛び出し、ホットカーペットの上に着地してしまいました。

 

イッチー
イッチー

うわぁ〜‼️ヤバイ‼️ゆきえ、アンタが持ってるマジックハンド持ってきて‼️

 

と、ホットカーペットに落ちている服を眺めていると鼻がムズムズしてきてくしゃみが止まらなくなったので、マスクと顔を覆うくらいの大きなサングラスを付け、キッチンの排水溝を掃除するゴム手袋を着用し、完全武装モードへ変身しました。

 

気分は防塵マスクを着用した爆弾処理班ですが、ハタから見たらどう見ても不審者です。

 

 

そうこうしているうちにゆきえがどこからともなく戻ってきたので、

 

イッチー
イッチー

ゆきえ、ありがとう‼️

と、手を出し、マジックハンドを受け取り、服を掴もうと近づいて行く時に手に違和感があったので、マジックハンドを見てみたら、

 

イッチー
イッチー

ゆきえwwwwwコレ料理用のトングじゃんwwww

自分のマジックハンドが汚れるのが嫌だったのか、キッチンからトングを持ってきたゆきえに爆笑したイッチーです🤣

※最終的にトングを使ってビニール袋に入れ、3重にして捨て、トングはハイターの原液に一晩中つけ置きしました😓

 

 


さて、今回はフルーティーで吸いやすい無添加シャグ・プエブロナチュラルシャグオレンジ(PUEBLO NATURAL SHAG ORANGE)をレビューしてみました♪

 

尚、ヴェポライザーの比較として

コンダクションモデルのCVAPOR4.0
コンベクションモデルのFENIX+

両方で試していきたいと思います♪

各レビューを見たい方はこちら↓

 

 

シャグの情報

名称 プエブロ ナチュラル シャグ オレンジ(PUEBLO NATURAL SHAG ORANGE)
内容量 30g
巻紙 PUEBLO オーガニックヘンプ 50枚入り スローバーニング
着香 非着香系
価格 740円
グラム単価 24.7円/g
※私の吸い方で一回に詰めるシャグが0.4gで、一個につき2セッション吸うので一日に10回詰め替える(たばこ20本分)と一日4g=98.8円で吸える計算になります

ドイツのパイプタバコメーカーPOSCHL TABAK(ポッシェルタバコ)の大人気シリーズ、

プエブロ ナチュラル シャグ オレンジ。無添加。

 

プエブロとはアメリカ合衆国の南西部とメキシコに残るインディアンの伝統的な集落の事、またはそこに住むインディアンを集合的に呼ぶ言葉です。現在では約35,000人のプエブロ インディアンが現存しています。

 

 

パッケージは、アメリカ・ニューメキシコ州にある世界遺産「タオスプエブロ」を彷彿とさせるデザインで、アドビ様式にターコイズブルーのドアをイメージしたものと思われます。

タオスプエブロ ©︎Wikipedia

 

 

PUEBLOの文字の上にはプエブロインディアンが作る象嵌細工の幾何学模様をモチーフとしたタオスプエブロの建物が描かれています。

さらにパウチ全体にインディアン文字が散りばめられ、インディアン100%なパッケージとなっています😊

 

このパッケージ、数あるシャグのパッケージの中でもかなり好きな部類です🎶

 

価格は30g740円、グラム24.7円と、グラム平均単価(25円/g)よりも安く購入しやすい部類のシャグです✨

 

開封してみた。

パウチをペラっと開くと、プエブロ(PUEBLO)の巻紙が入っています。

 

この巻紙、オーガニックヘンプ(無農薬栽培麻)スローバーニングで無漂白なので多少茶色っぽいですが、紙の味が気にならないので私は好きな巻紙です🎶

コルツの巻紙と比較しましたが、コルツよりかなり薄いですね。

 

 

 

シャグの状態

 

パウチを開けるとこんな感じで固まって入っています。

 

 

シャグの状態はやや乾燥状態。
刻みは一番細かいファインカットです。
乾燥状態でシャグをほぐし過ぎると、粉シャグになるので、程々に😊

 

コルツシリーズに多いミミガー(葉の中骨=ステム)はかなり少ない印象です♪

シャグはバージニア主体のシャグです♪

 

 

ヴェポライザーで吸ってみた。

 

早速ヴェポライザーで吸ってみましょう。

 

今回も喫味に違いが出てくると思いますので、

・コンダクションモデル(熱伝導式)のウィーキー社のCVAPOR4.0(シーベイパー4.0)
・コンベクションモデル(空気対流式)のウィーキー社のFENIX+(フェニックスプラス)

 

吸い方としては、

コンダクションモデルは口吸い(マウス・トゥ・ラング=MTL)
コンベクションモデルは肺吸い(ダイレクト・ラング=DL)

で、吸っていきたいと思います🎶

 

加熱した空気を吸引する場合、空気が熱い場合がありますので、
吸い始めは一気に吸引せず徐々に試す様にして吸って下さい
 
 
 

まずはCVAPOR4.0から

温度設定は160℃〜240℃全ての温度帯で試していきます🎶

 

 

シャグの詰め方はふんわりと詰め、0.30g詰めました。

-シャグの詰め方ワンポイント-
シャグはたくさん詰めると味わいが濃くなりますが、その反面ドロー(空気吸引時の強さ)が重くなり、少し詰めると味わいが薄くなり、ドローは軽くなります。
一般的には0.3g程が適当だと思いますが、人それぞれ吸いやすく感じるグラム数が違いますので、調整してみて下さい。
 

MTL(マウス・トゥ・ラング)で一口吸ってみると、

 

喫味ミドルテイストで吸引時、最初、舌で金属を舐めたような苦味を少しだけ感じ、喉でピリッとした辛味を感じます。プエブロ青色よりも軽い印象です。

後味は辛味の中にバージニア葉の甘みとフルーティーさを感じます。

葉の青臭さは感じません。

重い:ヘビーテイスト
普通:ミドルテイスト
軽い:ライトテイスト

吸った瞬間一番最初に思った印象

イッチー
イッチー

チェシルバーにちょっと似てる✨

と、印象を受けました😓

 

喉にピリッとした辛味があり、割とタバコ感のある印象ですが、後味はスッキリさっぱりしていて吸いやすいです。

加湿すると辛味が抑えられ、もっと吸いやすくなります。

このシャグは無添加シャグなので、加湿状態で保存方法が悪いとカビが発生する恐れがありますのでご注意下さい

水蒸気の量は少なめです。

 

 

スロートキック(喉に来る圧)は、ガツンと感じられます。
私は1セッション終了する前にニコクラしました😅
200℃を超えるともっとガツンと感じます。

レベル1軽い。全然スロートキックを感じない
レベル2多少軽い。スロートキックを感じるが物足りない
レベル3普通。しっかりスロートキックを感じる。満足できるレベル
レベル4強い。ガツンとスロートキックを感じる。とても満足できるレベル
レベル5とても強い。直ぐにニコクラするレベル。
スロートキックレベル:4

 

プエブロシリーズは

プエブロナチュラル
プエブロブルー
プエブロピンク
プエブロオレンジ

と4種類ありますが、

シリーズ中喫味・スロートキック共に3番目に重い(強い)シャグで、青色より少し軽いので、「青色は強い!もう少し軽く、インパクトのあるのが良いなぁ」という方にオススメです🎶

 

 

連続して喫煙した時に2回目の最後まで美味しく頂けました✨

 

 

200℃付近で美味しく吸えますが、もっとガツンとしたスロートキックがお好みの方は220℃〜240℃の高い温度帯で吸われることをオススメします✨

 

美味しく感じた温度帯は
220℃が一番美味しく吸えました❤️

 

 

FENIX+で吸ってみた。

次はFENIX+で吸っていきます。

温度設定は170℃〜220℃全域で比べてみました。

 

シャグの詰め方は多めに詰め、0.33g詰めました。

 

DL(ダイレクトラング)で吸ってみたところ、

 

喫味は、ミドルテイストで、CVAPORよりも辛さが抑えられ、甘さも出ていてキックも程良く感じられ美味しいです🎶

 

スロートキック青色の190℃付近から結構ガツンと感じます。

レベル1軽い。全然スロートキックを感じない
レベル2多少軽い。スロートキックを感じるが物足りない
レベル3普通。しっかりスロートキックを感じる。満足できるレベル
レベル4強い。ガツンとスロートキックを感じる。とても満足できるレベル
レベル5とても強い。直ぐにニコクラするレベル。
スロートキックレベル:

 

喫煙1回目〜2回目の最後まで美味しく吸えます。

 

 

コンベクションモデルのフレーバーを生かしつつ、かつ喫味やキック感に満足出来る温度帯は

赤色の210℃が一番美味しく吸えました🎶

 

 

CVAPOR4.0とFENIX+を吸い比べた結果、CVAPOR4.0で吸った方がタバコ感やコクが上回っていたので美味しく感じました

 

 

手巻きタバコで吸ってみた。

続いて、手巻きタバコを巻き巻きして吸っていきたいと思います♪

 

 

フィルターはSharrowのレギュラー。巻紙は付属紙のスローバーニング巻紙PUEBLOの巻紙を使っていきます✨

 

私が使っているフィルターをご希望ならこちら↓

 
 

 
 
 

火をつけて吸ってみると、

 

喫味はミドルテイストで、吸引時辛味とコクがしっかり感じられ、美味しいです♪
後味は、甘さを感じ、すっきりとした後味で重いのに吸いやすいです。
やはり、プエブロ青色より吸いやすいですね🎶

 

 

巻紙はフリーバーニングでダイレクト感を味わうもよし、スローバーニングでゆっくりと楽しむも良しだと思います。

 

喫煙所で吸う場合、ルームノート(空間に広がる香り)は普通のタバコと同じで、喫煙所では気になる人は居ない思います。

 

 

このシャグは手巻きでもヴェポライザーでも美味しく吸えますが、ガツン!としたタバコ感を感じたい方は手巻きタバコで吸うことをお勧めします🎶

 
 

プエブロシリーズの吸いごたえランキング

ヴェポライザー、手巻きタバコ共に重いタバコ順にランキング表示しています

1位:プエブロナチュラルシャグ(イエロー)
とにかく強いタバコが好きな方向け。お日様に当たったワラの様な香りがする。

2位:プエブロナチュラルシャグブルー
黄色より軽いが黄色のコクや吸いごたえは継承していながらも吸いやすくなっている。

3位:プエブロナチュラルシャグオレンジ
青より軽く、フルーティーで青臭さを感じない。金属を舐めたような苦味を少しだけ感じる。

4位:プエブロナチュラルシャグピンク
オレンジより軽くマイルドでシリーズ中、一番甘みを感じる。

 

感覚的にイエロー>>ブルー>>オレンジ>ピンク

ピンクを吸ってイエローを吸うと結構イエローの強さがわかります(笑)

 

評価

-5段階評価-
神シャグ
:リピート確定。絶対にオススメな一度は吸って欲しいシャグ。

優シャグ:おすすめなシャグ。お店にあったら手に取るレベル。
良シャグ:普通シャグ。まぁ、美味しいシャグ。試していないシャグがあったら目移りするかも。
微シャグ:微妙なシャグ。気分でたまーに買うかも。
悪シャグ:もう買わない・・・
今回のシャグは・・・
 
優シャグ認定です🎶
 
※手巻きタバコでの評価も優シャグとします
 
 
 
ガツンとした味わいで金属を舐めたような苦味、後味にバージニア葉のさっぱりとした甘さが美味しい、ハマる人はハマるシャグだと思います🎶
次お店にシャグを買いに行く時、手に取ると思います❤️
 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

大人気シリーズ、プエブロナチュラルシャグオレンジ。

 

ガツンとしたタバコ感の強い味わいの中に金属を舐めたような苦味、フルーティーな甘さが残るシャグで常喫しやすいシャグだと思いました🍀

ガツンと来るシャグをお探しの方は是非試してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述