ヴェポライザーマニアの私がFlowermate V5 NANOを半年使用してわかった事。

ヴェポライザー

みなさんこんにちは✨

 

【今日のコラム】

先日の夜、夕飯を食べ終わった後、お皿洗いをしていた時の話なんですが、

イッチー
イッチー

今日はお皿多いなぁ~😓そうだ、ゆきえにも手伝ってもらおっと🎶
ゆきえー、ちょっときて~😭

 

ゆきえ
ゆきえ

はーい😊イッチー✨どうしたのー❓

と、ゆきえが自分の部屋からドンタコスのCMみたいにステップ踏みながら出てきました。

 

イッチー
イッチー

ごめーん、ゆきえお皿洗いちょっと手伝ってもらえるかな〜❓

 

と、お皿からゆきえの顔に視線を移すと、

 

イッチー
イッチー

あっはっはっはっはwwwwwww
ゆきえ、その顔どうしたのwwwww

 

ゆきえ
ゆきえ

えっ❓

 

ゆきえの顔にはザビエルの様なひげが墨のようなもので書かれていました。

イメージ

 

ゆきえを洗面所に連れて行って顔を見せると、

ゆきえ
ゆきえ

えええーー‼️何コレ😱

イッチー
イッチー

ええっ❓ゆきえウケ狙いで自分で書いたんじゃないの⁉️

 

ゆきえ
ゆきえ

書いてない・・・😰

 

イッチー
イッチー

ちょっとお部屋みせて😅

と、ゆきえの部屋へいってみました。

ゆきえの部屋に行くと、今までベッドで寝ていました。と言わんばかりに布団がグチャグチャになっていて、布団の上にはお正月に書いた書き初めが置いてあり、
その書き初めにはなぜか「発見」とかいてありました。

 

そしてよく見ると、発見の「見」の字の所が滲んでいました。

 

イッチー
イッチー

ゆきえ、この書き初めの上で寝たでしょ🤣

 

ゆきえ
ゆきえ

うん・・・寝てたかもしれない😅

イッチー
イッチー

絶対この墨汁だって(笑)
汗なのか涙なのかヨダレなのかわからないけど、墨が顔に付いたんじゃない❓
というか、お部屋片付けた方が良いんじゃない❓大掃除してからまだそんなに経ってないのにもうちらかってるしwww

 

と、お皿洗いとゆきえの顔洗いを終わらせた後、ゆきえの汚部屋を一緒に片付けたイッチーです😊

 


Flowermate V5 NANO(フラワーメイトV5ナノ)を使用し始めて半年が経とうとしていますが、
私がこの半年間で感じた事や思った事、メリットデメリットを書いていきたいと思います。

 

これから購入しようと思っている方は是非参考にしてみて下さい🎶

 

 

Flowermate V5 NANOのレビューを見ていない方は、是非見てから今回の記事を見て頂けると面白く感じると思います😊

Flowermate V5 NANOのレビューはこちら↓

 

半年経った今の状態

ガツンとした味わいという事で結構頻繁に使用していましたが、あまり傷という傷は見受けられません。これでもガンガン外に持ち出して使ってたんですよ😊
ミドルクラスモデルなので、もしかしたら塗装が強く出来ているのかもしれませんね🎶

 

写真ではなく実際に見てもかなり綺麗な状態を保っています。

 

 

 

 

これはチャンバー(加熱室)の中を撮ったものです。

チャンバーの内部はブラックセラミックを採用しているおかげで汚れに強く、かなりピカピカの状態を保っています。

 

 

ただ、チャンバー入り口部分のマウスピースをねじ込む部分にシャグが付着し、固まるので、チャンバー内よりもねじ部の清掃の方が時間がかかります。

 

 

マウスピース収納部の状態

マウスピース収納部の蓋の裏側に少し塗装剥げが見受けられます。

この部分はマウスピースの取り付け部分が当たる部分で、何回も開け閉めしていると、ここが擦れてきたり、喫煙後すぐにマウスピースを収納すると加熱されたマウスピースの底部が当たる為、塗装が劣化して剥がれてきたんだと思われます。

見えないところなのでいいんですが、もし使用している内に塗装剥がれが出てきて気になる様であれば車用のタッチペン等で塗装を乗せれば問題ないと思います。

 

 

マウスピースの状態

マウスピースも特に劣化はしておらず、未だ現役で活躍してくれています。

このマウスピースが結構良く出来ていて、味わいも良好です。

 

Twitterでよく「510変換してドリップチップ付けられないんですか?」

と聞かれましたが、510規格に対応していません。

同社のSlickが510規格に対応しているので、Slickのものを付けられませんか❓とかなり聞かれましたが、

写真でわかる様にSlickにV5NANOのマウスピースは取り付け出来ますが、V5NANOにSlickのマウスピースは取り付け出来ません。

Slickのマウスピースの外周部分を削れば取り付け出来そうですが、加工してまで510変換を取り付けしなくても、専用のガラスマウスピースが優秀なのでそのままでも良い気がします。

 

 

【裏技】V5NANOのいがらっぽさを低減させる方法

V5NANOはハイブリッドの特性上、どうしても葉のいがらっぽさを拾ってしまい、イガイガしてしまうんですけど、それを極力低減させる裏技があるんです‼️

 

私もブログのコメントで教えて頂いたんですが、それを実践したらビックリ‼️

いつものイガイガ感はかなり減耗し、かなりまろやかな喫味になります😊

 

 

それではその方法を書いていきますね♪

まず、FOCUS VAPE ifocus/Pithのマウスピースに入っているセラミックフィルターを取り出します。

もし持ってない場合は単品で売っています♪

 

 

これを写真の様にはめ込みます✨
はめてみればわかるんですが、ピッタリサイズなんですよ‼️

 

これで喫煙してみて下さい♪喫味の違いにビックリするはずです❤️

 

あと、悩まされていたV5NANOマウスピース底部のシャグ詰まりも解消されて一石二鳥ですね🍀

 

【裏技2】ほぼ100%シャグポンを成功させる方法

下の写真の様にレギュラー&スリム切替式の手巻きローラーの切替レバーの軸を取り外すと9mmの太巻きに巻けるので、これをハサミやカッターで切って入れると、スペーサーで喫煙するより味わいが減耗しないのでお試しあれ🎶
※巻紙は極薄のスローバーニングで巻いた方が味が減耗しません

この方法で喫煙すると、ほぼ100%でシャグポン出来ます🎶

 

RAW(ロー)の切替式のローラーがやりやすいです✨

 

ここが良かった。私が感じたメリット

味が良く出る

V5NANOはハイブリッド方式を採用している為、シャグの味わいがダイレクトにガツンと味わえるので、今でもよく使ってます✨

 

例えるなら、CVAPOR4.0がスポーツ万能で活発な男子高校生だとしたら、V5NANOはレスリング部で鍛えられた筋肉隆々の男子高校生といった感じでしょうか❤️※すみませんわかりにくいですね😅

 

フレーバーよりもガツン‼️とした喫味を求めている方には最適だと思います🎶

 

 

マウスピースが収納出来る

本体底部にマウスピースを収納する事が出来、コンパクトかつ衛生面も保てます❤️

このマウスピースが収納出来る点ですが、基本的にポーチやバッグに入れる事が多く、マウスピースは直接口にする場所なので、マウスピースが露出しているデバイスは少々衛生面が心配です。
V5NANOはマウスピースを底部に収納する事が出来、この点は非常にポイントが高いと思っています🎶

 

 

バッテリー交換式(18650)でバッテリー切れの心配がない

Flowermate社製

V5NANOはバッテリー交換式の為、交換用のバッテリーを用意しておけばバッテリー切れが怖くありません🎶

バッテリーを搭載しているとボディーが大きくなりがちですが、V5NANOは18650バッテリーを搭載していてもコンパクトに出来ている点も良いですね😊

意外に知られていないと思いますが、マウスピースが収納出来る分、CVAPOR3.0よりもコンパクトなんですよ♪

 

 

CVAPOR用のスペーサーが使用出来る

V5NANOにはCVAPORのスペーサーが使用できます。

V5 NANOはチャンバー径が10mmとCVAPORと同じ径なので、CVAPOR用のスペーサーが使用できます。

外出先でスペーサーを愛用されている方は嬉しいポイントですよね🎶

 

CVAPOR用のスペーサーが欲しい方はこちら✨

 

 

ここがダメ。私が感じたデメリット

少し高い

現在売れているヴェポライザーの殆どが10,000円以下のモデルが多い中、V5NANOは14000円付近で販売されています。(2020年2月現在)

 

味も良く、作りや機能も初心者にも最適だと思うので、出来れば10,000円くらいで販売してくれれば良いのに。と毎回思います。

でも、V5 NANOは機能、喫味を評価すると14,000円出しても後悔しないと思います😉

 

 

スタンバイモードは不要

V5NANOは電源オンした時にスタンバイモードが起動し、そこからボタンを長押ししてあげないと加熱されない様になっています。
 
安全装置の為の機能だと思いますが、喫煙後もスタンバイモードに移行するので、電源の切り忘れが頻発します。慣れれば問題ないと思いますが、私はよく忘れちゃうんですよね😓
出先で何回かバッグの中で加熱が始まっていて熱くなってる事がありました。
 
電源オンでそのまま加熱が始まり、喫煙終了後はそのまま電源が切れるシステムで良いと思うのは私だけですか❓
 
 
 

購入できる販売店

本体

※各サイトに飛びますのでご注意下さい

VAPONAVI【送料無料】            調査時11,760円(送料無料)※3ヶ月国内保証付き

 

 

ガラスマウスピース

 

 

CVAPOR用スペーサー

 

味わいがまろやかになるPithのフィルター

 

 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

バッテリー交換式なのにコンパクトで味わい良く、ガツンと吸えて満足度の高いFlowermate V5 NANO。

 

「とにかくガツンとした吸いごたえのあるヴェポライザーが欲しい」

と考えている方には最適なヴェポライザーだと思います😊

 

今、ヴェポライザー購入で迷っている方は、V5 NANO試してみてはいかがでしょうか❤️

 

それじゃまたね🎶

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

  1. 上総介 より:

    こんにちは、いつも楽しく拝見させて頂いています。
    記事ありがとうございました。
    あれからずっと5.0NANOを使用していて気付いた事、試した事を書きますね。

    皆さんが510変換を欲しがる理由にドローの軽さが有ると思いますが、
    私はガラスマウスピースの中に「外径8ミリ内径6ミリのシリコンチューブ」を10ミリ程度の長さに切って入れて少しドローを重くして使っています。
    あと、マウスピースを入れる場所がエアー通路も兼ねていますがシャグの種類を変えたりした時に前のシャグの香りが混じった喫味になったりするのが嫌でよく掃除をするのですが、
    中のバネの部品は耳かきや丸い箸などで中心の穴に引っ掛けて引っ張ると簡単に外せます。
    外して洗浄し、本体内部も綿棒と無水エタノールで掃除するとかなり臭いは消えます。

    それから、前回のコメントの時にも少し書きましたが結局FENIX+を買ったのです。
    喫味もクリアでシャグポンも出来てバイブ機能も充実してて良かったのですが、
    5.0NANO+Pithのセラミックフィルターの喫味に慣れたせいかガッツリDLで吸うと少し喉にイガイガ感が感じられたのです。
    そこで、FENIX+にもセラミックフィルターがあればいいのにと思い試した事を書きますね。

    まずFENIX+の510変換にCVAPOR4.0のガラスマウスピースを使用するのですが、510変換とガラスマウスピースの間にPithのセラミックフィルターを挟んで使用します。
    サイズ的には5.0NANOの時のようにピッタリではなく少し隙間もあるのですが、510変換とガラスマウスピースで挟み込むのでガタガタすることもありません。
    コツとしてはセラミックフィルターの角度を510変換に合わせるのではなく、ガラスマウスピースの底面に合わせると結構しっかり挟み込めて良かったです。

    肝心の喫味ですが、やはりイガイガ感は完全に消えて十分にクリアな喫味が楽しめました。
    紙で巻かなくてもシャグポン出来てバイブ機能や延長機能も充実しているので今はFENIX+の方がメイン機になりました。
    もしよろしければ一度お試しください。

    これからも記事楽しみにしています、頑張って下さい。

    • イッチー より:

      上総介さんこんにちは(^^)
      色々工夫されているんですね(^^♪
      FENIX+にセラミックフィルターを挟む方法今度試してます。いつもありがとうございますm(_ _)m
      もし、また何か気づいたことがありましたら、遠慮なくコメントしてくださいね(*^^)v

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述