HERBSTICK Relaxを試してみた。【ヴェポライザーレビュー】

ヴェポライザー

みなさんこんにちは✨

 

【今日のコラム】

先日、ルームシェアしているゆきえと一緒に夕飯を作る事になったんですが、

イッチー
イッチー

ゆきえ、今日何が食べたい❓

ゆきえ
ゆきえ

うーん、肉まん食べたい✨

イッチー
イッチー

肉まんかぁ〜♪作ってみようか😊

と、材料を揃え、餡と生地を作りました。

出来た餡がこちら↓

イッチー
イッチー

じゃぁゆきえ、生地に餡を包んでいこう〜♪

ゆきえ
ゆきえ

うん‼️うまくできるかなぁ〜😓

と、各々黙々と作っていきました。

ある程度時間が経ち・・・

イッチー
イッチー

ゆきえ、どう❓出来た❓

と、ゆきえの方を振り向くと、

イッチー
イッチー

ゆきえ、アンタそれ間違ってるからwwwwww

 

ゆきえが作っていたものはこちら↓

イッチー
イッチー

餃子じゃんwwww

ゆきえ
ゆきえ

えへへ😝

ワイワイしながら作り終え、美味しい肉まんを二人で口いっぱい頬張り、楽しみました✨

 

美味しく出来た肉まんがこちら↓

 


さて今回は、モーションセンサーを搭載したヴェポライザー、HERBSTICK Relax(ハーブスティック リラックス)をレビューしていきたいと思います♪

 

 

喫味の比較として、CVAPOR4.0を使用しています。

比較用のヴェポライザーが気になる方はこちら↓

 

 

ヴェポライザーの情報

名称 HERBSTICK Relax(ハーブスティック リラックス)
方式 コンダクション方式 (熱伝導方式)
サイズ (厚み)24mm×(全幅)36.6mm×(全長)106.2mm ※実寸値
重さ 本体:120.7g 
バッテリー容量 内蔵式2200mAh
温度設定範囲 120℃〜225℃(248℉〜437℉)の5℃刻みで変更可能
喫煙時間 8分
喫煙回数 約12セッション
加熱時間 200℃まで約50秒
充電時間 満充電まで約2時間
価格 約5,500円 ※2020年1月現在

Bauway社のヴェポライザー、HERBSTICK Relax(ハーブスティック リラックス)。

 

このヴェポライザー、実はダジャレ好きな「れいな」に譲り受けた品で、

 

 
れいな
れいな

イッチー、吸ってないヴェポライザーがあるんだけど、ブログでも紹介してなかったみたいだし、使ってみる❓

イッチー
イッチー

えっ‼️試したい試したい✨
やったー‼️ありがとう🎶

といった流れで、二度返事で譲り受けました(笑)

 

なので、今回は何度か使用した中古になりますので、ご理解の程よろしくお願いします🙇‍♀️

 

 

では、開封の儀行ってみましょう〜😊

 

開封してみた。

箱の外観

まずは箱の外観から見ていきましょう。

ホワイトを基調とした洗礼されたデザインでグリーンの差し色が綺麗ですね✨

 

なんかこんな感じのデザイン、ヴェポライザーで流行ってるんでしょうか❓

結構同じ様なデザインが多い気がします😓

 

 

こんな感じで開ける様になっています。

高級なお菓子の箱みたいなパッケージですね✨

 

 

「パカッ♪」

と開けると、漆黒のハーブスティック リラックスが姿をあらわしました🎶

 

イッチー
イッチー

まだ最初についてるシールが貼ったままだけど、れいなこのまま使ってたのかな・・・

警告のシールには

製品を使用していない場合は、定期的・または月1回充電してください。バッテリーの完全放電によりデバイスが故障する可能性があります。

と、書いてあります。

 

 

 

本体の下には付属品が収納されていました♪

 

 

セット内容

 

左上から順番に

・HERBSTICK Relax本体
・取扱説明書
・交換用マウスピース:1個+本体装着済み=2個
・チャンバー用スクリーンメッシュ(網):3枚+本体装着済み1枚=計4枚
・リャンバーリッド(蓋):1個+本体装着済み=2個
・クリーニングブラシ
・クリーニングナイフ

・エアパス清掃用メタリックスティック
・クリーニングモール:5個
・MicroUSBケーブル

以上の物が付属されていました。

 
 
 

説明書が英語

説明書は英語で書かれています。

ただ、この記事を読めば大体網羅されていて、読み終える頃には使用出来るくらいわかりやすく書いています✨安心して下さい🎶

 

 

クリーニングブラシが金属で出来ている

 

クリーニングブラシは通常ヴェポライザーに付属してくる毛がプラスチックのものではなく、
金ブラシの様な金属のブラシが付属してきます。

 

今までヴェポライザーを購入してきて金属のブラシが付属してきた事が無かったので、非常にビックリしました

コレでチャンバー内を磨くと傷が入りそうで抵抗があります・・・😥

 

 

なんかよくわからないナイフが付属してくる

なんかレーザー刻印された爪ヤスリの様なクリーニングナイフというものが付属してくるんですが、私にはこれをどう使えばいいのかわかりません。

 

まさかこのヤスリ部分でチャンバーの焦げ付きや汚れた部分を磨くとか・・・

まさかね・・・😅

 

 

HERBSTICK Relaxをいじり倒してみた。

まずは本体の外観から見ていきましょう🎶

本体の外観

本体の外観は、握りやすいスリム型のデザインで、外観はSTARRY3.0に似ています。

 

STARRY3.0を見たい方はこちら↓

 

本体の材質・質感はアルミ素材にサラサラとした質感の塗装が施してあります。

 

マウスピース部分の詳細

マウスピース部分はプラスチックで出来ていて、指で90度起こして使用する構造になっています。

必ず90度起こした状態じゃないと吸えず、少しでも傾いているとドローが重くなり吸えません。
日々進歩しているヴェポライザーの昨今、この構造はもう少し改良の余地があると思います。

90度起こした時、上に引っ張ると着脱可能です。

 

あと、このプラスチック製のマウスピース、くわえた時にチープさが漂うので、出来ればCVAPORの様なガラス製やSTARRY3.0の様な医療用ジルコニア製にしてくれれば良いのになぁ。と思いました。

 

 

チャンバーの詳細

チャンバーはFENIX+と同じ様なステンレススチールのチャンバーです。

 

FENIX+の記事を見たい方はこちら↓

 

チャンバーのリッド(蓋)の開け方はリッドの端っこを押すとリッドが持ち上がるので、取り外す事が出来ます。

 

チャンバーは円筒ではなく、長穴のチャンバーですね。

4枚目の写真にあるチャンバーの底に入れてあるスクリーンメッシュ(金網)がチャンバーの径に合っておらず、斜めになった状態で使用しないといけないんですが、これが結構ナナメなんですよね・・・
ちょっと精神的に「これはどうなんだろう・・・」となってしまいました😓

 

エアパス(煙道)の清掃方法

エアパス(煙道)の掃除方法

1、マウスピースとチャンバーリッドを取り外し、付属品のメタリックスティック(金属の棒)を差し込み、シャグの詰まりを除去します。

 

2、付属品のクリーニングモール(パイプクリーナー)を通し、清掃します。
汚れがひどい時は、モールにアルコールをしみ込ませ掃除するとニコチンがよく取れます。

 

チャンバーの内径を測ってみた。

 

ノギス目で18.85mm×8.65mmでした

 

チャンバー径参考値
・TERA                  :15mm
・FENIX+             :13mm
・DAVINCI IQ         :10.9mm
・FENIX MINI        :10.85mm
・PULSAR APX V2:10mm
・ECAPPLE iV-1    :10mm
・CVAPOR             :10mm
・focusvapePRO S:10mm
・DM-PAX             :10mm
・V5 NANO            :10mm
・slick                    :10mm

・Arizer ArGo         :9.4mm
・Pith                     :8.9mm
・AI-PRIME           :8.9mm
・Nokiva                :8.8mm

・Herbva5G           :8.8mm
・RedFire              :8.7mm
・Adventurer         :22.9mm×8.9mm(長穴)
HERBSTICK Relax:18.85mm×8.65mm(長穴)
CFC LITE           :16.7mm×7.3mm(長穴)
・AVANT               :16.7mm×7.3mm(長穴)
・STARRY3.0        :17.75mm×8.5mm(楕円)
・DAVINCI MIQRO:13.8mm×9mm(楕円)
 
 

 

操作方法

 

ボタンは3ボタンで、電源ボタン、温度設定ボタン(+)(-)で構成されています。

 

喫煙方法


1、チャンバーにシャグを詰め、電源ボタンを5回連続押しすると、電源が入り「ヴー‼️」とバイブレーションと共に「Herbstick Relax」と表示され電源が入ります。

 
 
 
 
2、写真のような画面(スタンバイモード)になりますが、まだ加熱は始まっていません
set:設定温度
run:現在温度
電池マーク:現在のバッテリー容量 ※写真の状態は半分の残量です
 
ここで温度の設定を(+)ボタン、(ー)ボタンで設定し、電源ボタン1回押しで加熱が開始されます。
加熱が始まり、run(現在温度)が上がっていきます。
 
 
 
 
 
3、200℃設定で約40秒後、「ヴーッヴーッ!」とバイブレーションが作動し、加熱完了をお知らせしてくれるので、喫煙を開始します。
 
使っている途中、喫煙しない時間が1分を過ぎると自動温度調整機能が働き、120℃に温度を下げる機能が働きます。(バイブレーション1回で機能した事をお知らせします)
解除したい場合は本体を傾けるとモーションセンサーにより自動復帰します。
(自動復帰後、設定温度到達時バイブレーション2回で喫煙可能をお知らせします)
 
 
 
 
3、8分後、「ヴーッ!」とバイブレーションが作動し、加熱が終了します。
※自分の好きなタイミングで電源ボタン5回押しで電源を切る事もできます。
 
1、電源ボタン5回連続押しで電源が入りスタンバイモードへ
2、温度表示設定を行い、電源ボタン1回押しで加熱が始まる
3、加熱完了のバイブレーション後喫煙開始
4、8分後加熱終了 

 

 

バイブレーション機能

バイブレーションは、以下の条件で機能します。

・電源投入時
・設定温度到達時
・自動温度調整機能作動時
・喫煙終了時
 
 
 

摂氏・華氏の変更方法

 

摂氏=℃=セルシウス
華氏=℉=ファーレンハイト

摂氏と華氏の変更方法はマイナスボタン3秒長押しで変更可能です。

 

バイブレーションオンオフ設定

バイブレーションのオンオフ設定はプラスボタン3秒長押しでオンオフできます。

写真の赤丸の棒のような絵が表示されている時はバイブレーションオンの状態です。

 

 

HERBSTICK Relaxで吸ってみた。

 

HERBSTICK Relaxで吸っていきたいと思います🎶

 
 
 
 
喫味の比較として、CVAPOR4.0を使っていきたいと思います✨
 
 
今回のシャグは、
非着香チェレッドアメリカンスピリットペリック
着香系コルツアップル&シナモンブラックスパイダーアイスバニラ
メンソールチェメンソール

をセレクトしました🎶

 
 
 
 
 
 
シャグはふんわり多めに詰めて、0.32g詰めました。
 
 
 
コンダクションモデルはMTL(マウス・トゥ・ラング)=口吸い
コンベクションモデルはDL(ダイレクト・ラング)=肺吸い
で吸うのが一般的ですので、MTLで吸っていきたいと思います。
 
 
 
 
 

まずはコルツアップル&シナモンから喫煙していきます。

全ての温度帯で吸っていきます。

 

初めて使用する時、プラスチックが溶けた様な臭いがします。
数回使用していると多少薄くなってきますが、私のデバイスでもまだ臭いは取れていません。
吸引時、蒸気が結構熱いので火傷にご注意下さい。

 

MTL(マウス・トゥ・ラング)で吸引してみると、

喫味はコンダクション特有のガツンとした味わいが薄い印象で、比較しているCVAPOR4.0で感じるアップルとシナモン感がすごく薄く感じます。

マウスピースの形状なのか、なんか口当たりもあまり良くありません。

 

プラスチックが溶けた様な味も消えないので

イッチー
イッチー

うーん・・・

と首を傾げてしまいました。

 

CVAPOR4.0と性能の差がありすぎてすごくガッカリしました。

 

吸いごたえに関しては、かなり少ないです。私がヴェポライザーを始める時、このヴェポライザーだったら、続かずヴェポライザーを辞めてしまっていたかもしれません。

 

キック感は温度をあげていくとキック スロート(喉にくる圧)を弱いながらにも感じます。

 

 

1回目の喫煙、続けて2回目のチェーンでも吸えるんですけど、終始味が薄い印象しかありませんでした。

 

煙(蒸気)は最初あまり出ませんが、4分〜5分くらいから徐々に出だします。

 

私は200℃で無難に吸えました✨

 


イッチー
イッチー

もしかしたら着香系がダメなのかな❓

と思い、チェレッドアメリカンスピリットペリックも試しましたが、やはり同じ様な印象で味は薄く感じます。アメスピペリックは辛味だけ出ていてコクが薄い印象でした。

 

ただ、ブラックスパイダーアイスバニラは、味わいは薄いながらもしっかり香りは出ていてアイス感を楽しめました✨

 

 


メンソール系のチェメンソールは、メンソール感は程良く感じられましたが、葉の甘みは薄く出ている印象です。

 

 

基本的に、チャンバーからマウスピースまでの煙道が長い仕組みは、熟成された構造バランスだと味わいがクリアでまろやかな仕上がりになるんですが、その一方で早熟な仕組みだと味わいがクリアにはならず、味が薄く出てしまう傾向にある為、このHERBSTICK Relaxはもっと仕組みを熟成する必要があると感じました。

 

あと、吸引時、口の中にシャグの粉が結構入ってきます
チャンバーの下に敷いているスクリーンメッシュが合っておらず、隙間が空いているのが原因です。
 
対策として目の細かいメッシュを自作して取り付けると改善されると思います。

 

 

喫煙後のシャグの状態

喫煙終了後、シャグを出してみました。
 
シャグポン成功率は50%で、出ない時もあります。
 
長期間チャンバーの清掃を怠ると、滑りが悪くなり、シャグポンできなくなるので、ご注意下さい。
喫煙後はチャンバーがかなり熱くなります。ヤケドに注意して取扱いして下さい
 
 

本体の充電について

MicroUSBを正面の接続口(マイナスボタンの下)に接続すると液晶に電池マークが表示され、充電が開始されます。

充電が終了すると、電池マークの充電レベルがMAX状態になります。

 

本体の充電方法は、5V1Aか自動判別の充電器、PCのUSBで充電を行って下さい。

パススルーには対応していません。

 

大きさを比べてみた

他のヴェポライザーとサイズ比較をしてみました。

やはりSTARRY3.0と同じくらいの大きさですね。

AVANTと比べるとやや大きいです。

 

購入できる販売店

※サイトに飛びますのでご注意下さい

VAPONAVI         5,430円(国内保証)※送料無料

 

 

評価

扱いやすさ:★★★☆☆
喫味   :★★☆☆☆
キック感 :★★☆☆☆
携帯性  :★★★☆☆
質感   :★★★☆☆
電池の持ち:★★☆☆☆
総合評価 :★★★☆☆
 
扱いやすさは3ボタンで、わかりやすく出来ていると思います。
ただ、電源を入れた後、もう一度電源ボタンを押すという動作が慣れていないせいか、喫煙所でシャグを詰めて電源ボタンを押し、少し待っていましたがいつまで経っても加熱されないので液晶を見てみたら加熱されておらず、時間を無駄にした時が何回かありました。

 
 
喫味、キック感は一言で言うと、薄いです。
マウスピースのチープさも加えて「うーん・・・」といった印象でした。
後、吸引時蒸気が熱く舌を火傷する人もいるかもしれません。ご注意下さい。
 
 
携帯性はSTARRY3.0と同じ位のサイズ感で、コンパクトかつスリムで良いと思います。
 
 
質感はアルミに塗装されており、良いと思います。
液晶の字が小さく、「もう少し見やすかったら良かったかな」と思いました。
 
 
電池の持ち約12セッションなので、少々物足りない印象を受けました。
同じ大きさのSTARRY3.0はバッテリー交換式なので、この時点でRilaxは選択肢から外れてしまいますね。
 
 
 
 
総合評価は星3にしました。
星2寄りの星3です。上の方でも言っていますが、ヴェポライザーのデビューがこのデバイスだったら吸いごたえがなくてヴェポライザーを辞めてしまっていたかもしれません。これを買うならあと2,000円~3,000円出してCVAPOR4.0を買った方が良いと思います。

 
 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

自動加熱調整機能やモーションセンサーを搭載した高性能ヴェポライザーHERBSTICK Rilax。

 

このヴェポライザーが気になった方は試してみてはいかがでしょうか☺

 

それじゃまたね🎶

私、イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」とお願いします🙇‍♀️

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述