新機能満載!CVAPOR4.0を試してみた。【ヴェポライザーレビュー】

C VAPOR 4.0 ヴェポライザー ヴェポライザー

みなさんこんにちは✨

 

【今回のコラム】
先日、仕事が終わって家に帰る前にケーキ屋さんに寄って生クリームたっぷりのピカピカに光るいちごが乗ったショートケーキを2つ購入し、帰宅したんですが・・・

 

家に着くと、ルームシェアしているゆきえがいつもリビングに居る筈なんですが、今日はどこにも居ません。

 

イッチー
イッチー

なぁんだ〜せっかくケーキ買ってきたのに😓
まぁいいや、そのうち帰って来るだろうし、ケーキ出して待っとこ❤️

 

と、ケーキが入っている箱からケーキを皿に出し、フォークを準備してツイッターに返信しながら待っていたんですが、30分経ってもゆきえは戻ってきません。

 

イッチー
イッチー

戻ってこないなぁ〜。ゆきえどこに行ったんだろう・・・
とりあえず、先に食べてよ〜っと❤️

 

と、ゆきえのケーキを箱に戻し、冷蔵庫にしまい、キッチンを後にしようと何気なくシンクをみた瞬間、ゆきえがお昼に汚したであろう汚れた皿がそのままになっていました。

 

そのままになっている汚れた皿が気になって、

 

イッチー
イッチー

お皿洗ってから食べよう😊

 

と、スポンジに洗剤を垂らしたのと同時くらいの時に、

 

ゆきえ
ゆきえ

ただいま〜✨

 

と、ゆきえがどこからか帰ってきました。

イッチー
イッチー

おかえりー。居ないからビックリしたよ😅
ところでゆきえ、どこ行ってたの❓

ゆきえ
ゆきえ

えっとね、近くのスーパーにうまい棒仕入れに行ってた🎶

イッチー
イッチー

アンタは業者かwwwwww

と話していると、ゆきえがリビングのテーブルに出してある生クリームたっぷりのピカピカ光るいちごの乗ったショートケーキに気づき、近づいてジロジロ見ていました。

 

イッチー
イッチー

.o0(めっちゃ気にしてるじゃんwwww)
 (ちょっと観察しとこ・・・(笑))

 

先日、ゆきえの爆食いに歯止めをかけるかの如く、次、不用意に食べ物を食べたら病院の先生にゆきえの大嫌いな注射をしてもらうから‼️というゆきえと固い誓いを交わして日が浅いので、ゆきえも注射を怖がって不用意に食べなくなっているんです。

 

今までは目に入るあらゆる食べ物という食べ物全て口に入れていましたからね・・・😅

 

 

ゆきえはショートケーキを見ながら、チラチラと私を見ていましたが、私は気づかないふりをして、皿洗いをしていました。

 

何十回かショートケーキをチラチラ見ながら気にしていましたが、よっぽど注射が怖いのか、諦めて自分の部屋に引っ込みました。

 

イッチー
イッチー

.o0(えっ、凄い‼️あの爆食女王ゆきえがテーブルにおいてあるショートケーキを無視した‼️)

 

と、皿を洗いながら感激して目頭が熱くなっていると、部屋着に着替えたゆきえがひょっこりと自室から顔を出し、小走りでショートケーキに近寄っていきました。

 

イッチー
イッチー

(おいwww諦めたんじゃなかったんかいwwww)

 

と、思いながら観察していると、ゆきえはショートケーキが置いてある席につき、ソワソワしながら私をずっと見ていました。

 

犬でいうと「待て」の状態です。

 

その状態に私はもう我慢が出来ず、

 

イッチー
イッチー

「よし‼️」

 

と言ってしまいました。

 

ゆきえは私の声に「ビクッ‼️」となっていましたが、出遅れることなく、ものすごいスピードでフォークを手に持ち、ショートケーキを貪るように食べていました🤣

私も皿洗いが終わったので、ゆきえと一緒にショートケーキを楽しみました✨美味しかった〜❤️

 

 


さて今回は、遂に発売されました♪パワーアップして新登場!WEECKE CVAPOR 4.0(ウィーキー シーベイパー ヨンテンゼロ)をレビューしていきたいと思います♪

 

 

喫味の比較として、CVAPOR3.0を使用しています。

比較用のヴェポライザーが気になる方はこちら↓


 

CVAPOR4.0のより詳しいクリーニング方法の記事はこちら↓

 

ヴェポライザーの情報

名称 WEECKE C VAPOR 4.0(ウィーキー シーベイパー ヨンテンゼロ)
方式 コンダクション方式 (熱伝導方式)
サイズ 26mm×53mm×99.6mm (実寸値)
重さ 本体:127.9g※マウスピース含む
バッテリー容量 内蔵式3000mAh
温度設定範囲 160℃〜240℃の10℃刻みで9段階変更可能
喫煙時間 4分+終了10秒前にメインボタンを押すと3分延長(合計7分)
喫煙回数 200℃で約21セッション
加熱時間 160℃まで20秒、200℃まで約25秒
充電時間 満充電まで約2時間
価格 7,980円 ※2019年12月現在

WEECKE社のヴェポライザー、C VAPOR 4.0。

 

前モデルのC VAPOR 3.0は大変好評で人気のあるヴェポライザーとして知っている方も多いと思いますが、今回、CVAPORの後継機種4.0が発売されました✨

 

私はTwitterで12月に発売することを知ってから、

イッチー
イッチー

前回と比べてどう変わったんだろう・・・
気になる・・・
絶対に手に入れる
‼️

 

と、意気込んで今回購入しました♪

カラーは2色展開🎶

どちらもカッコ良くて迷っちゃいますね❤️

 

 

今回は、CVAPOR3.0の比較をしながらレビューしていますので、見ていただけると嬉しいです🎶

 

前機種と新型、どこが変わったの?

皆さん一番気になるところだと思いますので、はじめにどこが改良されたのか紹介していきたいと思います。

尚、改良点、追加点についての詳細は後述しますので、合わせてご覧下さい。

-改良点・追加点-

C VAPOR 4.0 旧C VAPOR 3.0
・温度設定が160~240℃の9段階になった ・160~230℃の8段階設定
・よりコンパクトになった ・少し背が高かった
・バッテリー容量が3000mAhになった ・2300mAh
・充電がDC5V/2.5Aの急速充電対応になった ・DC5V/1Aのみ対応
・エアーパス構造が清掃可能 ・葉詰まりでドローが重くなってしまう
・喫煙時間延長で最大7分喫煙可能 ・4分間
・セラミックフィルターで味わいアップ ・非搭載
・ヒーター改良により熱効率がアップし加熱時間短縮 ・200℃まで約22秒
・スレッド一体型ガラスマウスピース搭載 ・通常のマウスピース
・7種類の安全保護回路を搭載し、より安全に使用出来る ・短絡、過充電等の保護回路

今後、本体・シャグ、モバイルバッテリー・スペーサー・スペーサーケース・パッキングツール等がまとめて収納出来る純正ポーチも発売予定のようです。

 

 

開封してみた。

箱の外観

 

まずは箱の外観から見ていきましょう🎶

ホワイトを基調とした洗礼されたデザインでカッコイイです✨

 

次は前機種C VAPOR 3.0と比較してみましょう。

左がCVAPOR4.0、右がCVAPOR3.0です。

こうやってみると大分デザイン変わりましたね😊

名称も全て大文字、フォントもカッコよくなっています❤️

 

今回のCVAPOR4.0にはAlternative Smoking Device(代替喫煙装置)としっかり書いてありますね。

 

前面に今回の改良点やウリが堂々と書かれています。

 

よく見ると、CVAPOR4.0の方にFCCマーク(米国の連邦通信委員会)が省略されています。
このマークが無いとアメリカで情報通信機器を販売してはいけないことになっています。

 

ちなみにこのFCCマーク、ヴェポライザーによって取得しているものとしていないものがあります。

開発段階でアメリカへ販売を予定している製品に関しては取得するようにしているんでしょうね。

費用や工数かかりますからね😓

 

今回のCVAPOR4.0は日本限定モデル(Limited Edition for Japan)なので付けなかったんでしょうね。

 

因みにこのマークが無いからといって「安全では無い」と言うことでは無いので安心して下さい✨

 

 

 

包装ビニールを剥がしていきます。
いつもこの瞬間、ワクワクドキドキが止まりません🎶

 

いつも言ってますが、子供の頃に親に買ってもらった人形やおもちゃの包装紙を開ける時のドキドキ感にそっくりです❤️

 

 

「パカッ♪」

と開けた瞬間に見てまず思った事は、

イッチー
イッチー

ちっさ‼️

いつもC VAPOR 3.0を使用しているのでサイズ感が最初意識にダイブしてきました(笑)

 

その後すぐに、

イッチー
イッチー

なんか高級感が増したし、カッコイイ❤️

と感じました🎶

 

 

因みに、カラーはナイトネイビーにしました🎶
この色合い大好きです❤️

 

デバイスの形にかたどられているスポンジを持ち上げると、下の方には説明書や付属品が入っています。

この辺の構成はCVAPOR3.0と同じですね😊

 

 

セット内容

左上から順番に

・C VAPOR 4.0本体
・取扱説明書
・ワーニングカード
・シャグスペーサー:1個
・エアーパス用クリーニングブラシ
・チャンバー用クリーニングブラシ
・パッキングツール
・交換用シリコンリング:1個+本体装着済み1個=2個
・メッシュスクリーン(網):2個+本体装着済み1個=2個
・セラミックフィルター:1個+本体装着済み1個=2個
・510規格タバコフィルター装着用マウスピース
・MicroUSBケーブル

以上の物が付属されていました。

※因みに説明書にはフィルター装着用マウスピースとシャグスペーサーは記載されていませんでした。忘れたのかな・・・❓(笑)
 
 
 
 
 
 
 

説明書はわかりやすい日本語

説明書は日本語で書かれています。

特に特筆したい事は、日本語が記載してあるヴェポライザーの説明書は機械翻訳か、現地の日本語が少しわかる人の翻訳で書かれているので少しおかしな説明書になるのが常ですが、

 

今回の説明書はおそらく「日本人が書いた説明書」だと思います。

すごく丁寧な言葉で書かれており、安心して読めます😊

 

 

このワーニングカード、シンプルで好き(笑)

 

 

C VAPOR 4.0をいじり倒してみた。

まずは本体の外観から見ていきましょう🎶

本体の外観

本体の外観は、コンパクトになり、より高級感が増した印象を受けます。

後、前機種と比べて形がウイスキーのスキットル型からオーバル型に変更されましたが、私はCVAPOR4.0の方が手に馴染みやすく、持ちやすく感じます😊

この辺も改良に改良を重ねた結果なんでしょうね🎶

 

 

本体の材質・質感はアルミ素材でサラサラとした質感で、高級感漂います✨

後、底面の材質がプラスチックのようなザラザラした樹脂素材なんですが、傷が目立ちにくくするための改良だと思われます。

 

前機種の3.0は天面と同じツルツルしたプラスチック樹脂が使われていて、傷が入りやすくかなり傷が目立ちましたからね・・

C VAPOR 4.0と3.0の底面。

凄いキズ・・・(笑)

 

 

 

あと、開封後に気がついたことがあるんですが、これをご覧下さい。

 

 

↓↓↓

 

 

 

↓↓↓

 

 

イッチー
イッチー

まだ一回も触ってないのに保護フィルムに指紋が付いてるwww

 

慎重に取り出して触っていないので、絶対私のじゃ無いんです。というかこの指紋・・かなり大きい指の人の指紋です(笑)

 

 

私の想像なんですが、

検品所で働く休みの日はウインドウショッピングが大好き❤️最近はヘッドスパにもハマってます🎶安達祐実似の女子(ヴェポ子:22歳)が一つ一つ丁寧に仕事をこなしている所に、カイジに出てくる班長みたいな50代後半のおじさんが、「ちゃんとオチゴトやってますかぁ〜❓」と用も無いのに乱入してきて、検品後のCVAPOR4.0を意味もなくベタベタと触り、仕事を邪魔した上に、液晶の保護フィルムを少し剥がし、接着面に指紋を残すという極悪非道な行為を犯した挙句、高笑いし、鼻をほじりながら去っていく。という劣悪な環境で涙を拭いながら彼女は今日も頑張ってます。

 

 

やってる事がちっさすぎる🤣

 

チャンバーの詳細

 

CVAPOR4.0のチャンバーの詳細ですが、前機種にあった底網は廃止され、シンプルな構造へと変更されました。

これは前機種の底網が曲がったり外れたり、底網とチャンバー底部の間にシャグが詰まってドローが重くなる問題点を改良したものと思われます。

 

あと、チャンバー上部の側面が前機種はメッキなのに対し、耐熱プラスチックのようなものに交換されています。コレは熱を壁面へと伝わらない様にし、ヒートシンクへの熱移動を抑制する効果があります。そのおかげか、前機種のCVAPOR3.0よりもヒートシンクが熱くなくなっています。
ただ、それでも熱いので、喫煙中〜喫煙直後の火傷にはご注意下さい。

 

あとあと、チャンバー上部のすり鉢状の部分が前機種と比べて曇ったような仕上がりとなっています。もしかしたらこの部分にコーティングが施されているかもしれません。

 

 

マウスピースの詳細

マウスピースの詳細ですが、新型CVAPOR4.0のマウスピースは改良され、より味わいが良くなっています。

その理由の一つにマウスピースの構造にセラミックフィルターを採用したことによって、クリアかつ、まろやかな味わいを実現しています。

 

格安ヴェポライザーのFOCUSVAPE Pithがあれだけの良い味わいを出せているのはセラミックフィルターを採用しているからなんです。ピスを持っている方、試しにセラミックフィルターを取り外して喫煙してみてください。喫味がいがらっぽくなりませんか❓ 

 

ただ、このセラミックフィルターとFENIX+に付いている様な青いシリコンパッキンは消耗品のようで、1〜2ヶ月が交換の目安との事なので、今後消耗品の販売が開始されましたら、ここで追記しますので、必要な時はまた見に来てください😊

あと、両方の耐久性も検証し、後々ここで追記致します。

 

ガラスマウスピースはスレッド一体型のものに改良され、CVAPOR3.0の不具合で挙がっていた金属部分が取れるという不具合にも対処されています。

 

ガラスの厚みも少し薄くなっています。この辺は好みですが、私はスレッド一体型のガラスマウスピースの方が美味しく感じました。

 

あと、マウスピースの下部がプラスチック素材で出来ており、チャンバーのはめ合い部分も同じ様に樹脂で出来ている為、着脱がし易く思います🎶

 

パーツ点数が増えましたが、味わいが良くなりクリーニングしやすくなりましたので、私は良しとしてます😊

 

 

エアーパスの詳細

エアーパス(ドロー調整ツマミ)はCVAPOR3.0の時とは形状が異なり、より精細に調整出来るようになりました。

 

エアーパスメンテナンスホールに位置合わせすると、ドローが一番軽い状態になります。

 

 

エアーパスのクリーニングの頻度は20セッション( 20喫煙)または一日一回と推奨されています。

やり方はエアーパスのツマミをメンテナンスモードに合わせ、クリーニングブラシを出し入れしクリーニングします。グローのメンテナンスに似ていますね(笑)

簡単に出来るので一日一回行なうよう心がけましょう♪

 

 

フィルター用シリコンマウスピースの詳細

前機種のCVAPOR3.0にも標準で付属してきたフィルター用マウスピース(510規格)も付属してきます。

ガラスマウスピースのそのままの喫味では味わいが強い場合、フィルターを装着して喫煙して下さい。

ご自分の味わいの感じ方によってフィルターを切ってお使い下さい✨

 

やり方は、最初フィルターを切らずに吸ってみて、軽く感じたら1/4位づつ切って吸ってみて下さい。

 

CVAPOR用のスペーサーが利用可能

チャンバー内径がCVAPOR3.0と同じなので、CVAPOR用のスペーサーが利用出来ます。

 

 

CVAPOR用のスペーサーが必要な方はこちら↓

 

タバコ(シガレット)を使って喫煙する方法

まず、タバコを準備します。

 

 

付属のシャグスペーサー、または別売りのCVAPOR専用底網付きシャグスペーサー(10個入り)を使い、スペーサーにタバコを奥まで差し込みます。

 

 

ハサミまたはカッターを使い、スペーサーギリギリで切り取ります。
(手でちぎっても結構綺麗に切れます)

 

CVAPOR4.0のチャンバーにタバコを入れ、マウスピースを装着し喫煙します。
(スペーサーを使わない人は手でタバコをちぎって入れても大丈夫です)

 

ただ、シャグを入れて吸った方が断然美味しく吸えますので、私はシャグの使用をオススメします🎶

 

CVAPOR専用シャグスペーサーが必要な方はこちら↓✨

 

チャンバーの内径を測ってみた。

ノギス目で10.0mmでした

 

チャンバー径参考値
・TERA                  :15mm
・FENIX+             :13mm
・DAVINCI IQ         :10.9mm
・FENIX MINI        :10.85mm
・PULSAR APX V2:10mm
・ECAPPLE iV-1    :10mm
CVAPOR4.0         :10mm
・CVAPOR3.0         :10mm
・DM-PAX             :10mm
・V5 NANO            :10mm

・Arizer ArGo         :9.4mm
・Pith                     :8.9mm
・AI-PRIME           :8.9mm
・Nokiva                :8.8mm

・Herbva5G           :8.8mm
・RedFire              :8.7mm
・Adventurer         :22.9mm×8.9mm(長穴)
CFC LITE           :16.7mm×7.3mm(長穴)
・AVANT               :16.7mm×7.3mm(長穴)
・STARRY3.0        :17.75mm×8.5mm(楕円)
・DAVINCI MIQRO:13.8mm×9mm(楕円)
 
 

 

操作方法

C VAPOR 4.0の操作方法

ボタンは3ボタン構成で、一番上の縦長ボタンが電源ボタン、下の2つのボタンは温度変更ボタン(上が温度上昇・下が温度下降)です。

 

喫煙方法

1、チャンバーにシャグを詰め、電源ボタンを2秒間で5回連続押すと「ヴー‼️」とバイブレーションが作動し、加熱が始まります。

 
 
2、200℃設定で約25秒後、「ヴー‼️」とバイブレーションが作動し、加熱完了をお知らせしてくれるので、喫煙を開始します。
 
 
 
 
3、喫煙終了10秒前(3分50秒地点)で「ヴッヴッ‼️」とバイブレーションが作動し、
この時点で吸い足りない場合、メインボタンを一回押すと再加熱が始まり、喫煙時間を3分間延長出来ます。
 
4、時間が制限時間に達すると「ヴー‼️」とバイブレーションと共に加熱が終了し電源が切れます。
1、電源ボタン2秒間で5回押し加熱を始める
2、加熱完了のバイブレーション後喫煙開始
3、3分50秒地点でバイブレーションが作動し、10秒後電源が切れる
  時間延長したい場合10秒の間でメインボタンを一回押す→
4へ

4、3分後バイブレーションと共に加熱終了→
電源が切れる 

 

 

バイブレーション機能

バイブレーションは、以下の条件で機能します。

・加熱開始時
・設定温度到達時
・3分50秒地点

・加熱終了時
 
 
 

バッテリー残量表示方法

起動時バッテリーの確認は常に表示されているので確認出来ますが、電源が切れている時にバッテリー残量の確認方法は

電源が切れている状態でメインボタンを一回押す
と確認できます。
 
 
cvapor4.0 バッテリー
4個:100%~75%
3個:75%~50%
2個:50%~25%
1個:25%~1%
 
 

温度設定変更

温度変更は加熱時、または喫煙時に温度変更ボタンを押す事によって変更出来ます。

温度範囲は160℃~240℃の10℃刻みで変更可能です。
 
前機種には無かった240℃が新たに追加されました。
 

「240℃があったら・・・」

と思っていた方、多いのではないでしょうか❓😊
 
 
 

C VAPOR 4.0で吸ってみた。

 

C VAPOR 4.0で吸っていきたいと思います🎶

 
 

喫味の比較として、CVAPOR3.0を使っていきたいと思います✨
 
 
今回のシャグは、
非着香アメリカンスピリットオリジナルブレンド
着香系コルツグリーンティー
メンソールチェブラックメンソール

をセレクトしました🎶

 
 
 
 
 
シャグはふんわり詰めて、0.31g詰めました。

CVAPORと同じ分量が詰められます。
 
 
 
コンダクションモデルはMTL(マウス・トゥ・ラング)=口吸い
コンベクションモデルはDL(ダイレクト・ラング)=肺吸い
で吸うのが一般的ですので、MTLで吸っていきたいと思います。
 
 
 
 
 

まずはアメスピオリジナルから喫煙していきます。

全ての温度帯で吸っていきます。

 

初めて使用する時、機械臭がしますので、空焚きを2回程度して下さい。それでも取れない場合はメンソールシャグを吸ったり、吹き戻し(マウスピースから息を吹く)を行う事で機械臭はなくなってきます。
CVAPOR4.0は他のデバイスと比べかなり機械臭の取れ方が早く、数回使用しているとにおいは多少薄くなってきます。
喫煙する時はヒートシンクが熱くなりますので、唇をヒートシンクから離して喫煙して下さい。

 

MTL(マウス・トゥ・ラング)で吸引してみると、

 

喫味はコンダクション特有のガツンと来るヘビーテイストな味わいで、
吸引時、舌でアメリカンスピリットのピリッとした辛味とほのかな甘味・コクを感じ、喉でスロートキックを強く感じます。

重い:ヘビーテイスト
普通:ミドルテイスト
軽い:ライトテイスト

セラミックフィルターを搭載しているせいか、アメスピ特有の喉に突き刺さる辛味はマイルドに感じ、まろやかな味わいに仕上がっています。このまろやかさがコクに感じ、その中に甘みさえ感じます。トゲが無くなったことで吸いやすいです。

 

キック感はかなりガツン!としたキック スロート(喉にくる圧)を感じます。

吸いごたえがあり、ニコクラしてしまいました。

 

1セッション〜2セッションの最後まで美味しくいただけました✨

連続使用は機器を痛めますので1セッション終了後は本体が冷めてから使用して下さい

 

 

210℃〜240℃の範囲が一番美味しく感じました🎶

 

ガツン!としたキックをお好みなら高い温度で吸う事をオススメします😊

 

 

番外編チェレッドも吸いましたが、甘味が増して万人が好みそうなマイルドな味わいで美味しくいただきました✨

 

 

次はコルツグリーンティー

 

一口吸ってみると紅茶のフレーバーを強く感じ、砂糖を入れた紅茶の様な印象を強く持ちました。ライムの味わいも感じやすく美味しいです✨
コルツグリーンティーはCVAPOR4.0によく合うシャグだと思いました🎶

番外編でスタンレーラズベリーコルツバニラもフレーバーが強く出てくるので、美味しく吸えます。

 


メンソール系のチェブラックメンソールも強いメンソールが活きていて、後味には本来の甘さを感じます。

 

一通りシャグを吸ってみましたが、CVAPOR4.0は他のデバイスと比べて苦手なシャグが少ないと思います。大体どのシャグも美味しく吸えます。この結果に本当にビックリし、感心しています。

 

 

喫煙後のシャグの状態

喫煙終了後、CVAPOR4.0からシャグを出してみました。
逆さまにするだけか、軽く振るだけシャグポン1発で出来ます。新品かだら。ということもありますがこんなに簡単にシャグポンが出来るデバイスも珍しいです。
シャグポンが難しいヴェポライザーは新品でも出てきません。
 
 
喫煙後はチャンバーがかなり熱くなります。ヤケドに注意して取扱いして下さい
 
 
 

20回喫煙した後の汚れ具合について

結構汚いので、ご飯中や何か食べている方はご注意下さい
 
 
 
 
 
 
20セッション喫煙後、マウスピース内部とチャンバー内部がどれくらい汚れるか見てみましょう🎶
 
 
 
 

これが1日で20セッション喫煙した直後の状態です。

この撮影の為、全然清掃していません。

 

ガラスマウスピースの内壁にニコチン混じりの水滴が付着しています。が、このニコ汁はチャンバーまでは到達していませんでした。
その証拠にチャンバー内部はかなり綺麗な状態を保っています。

 

粉シャグを吸ったりしたので、セラミックフィルターの内部にシャグが付着しています。

 

何回か試してみましたが、大体今回と同じ様な状態になりますので、こんな感じだと思います✨

 

 

マウスピースのクリーニング方法

マウスピースの清掃方法ですが、容器に無水エタノールをいれ、綿棒で綺麗に掃除し、乾燥後組み立てて完成です🎶

 

時間は私の場合3分〜5分で終了します😊

早い人だと1分で終わると思います✨

 

20セッションでこのくらい汚れるので、1日1回清掃した方が良いですね😊

時間もかからないし簡単にメンテナンス出来るので、めんどくがりな私にぴったりです(笑)

 

 

本体の充電について

 

MicroUSBを底面の接続口に接続すると液晶が表示され、電池マークの目盛りが点滅し、充電が開始されます。

 

充電時の状態は以下の通りです。

cvapor4.0 バッテリー

例えば、電池のメモリが3個点灯している状態で4個目が点滅している場合、現在の蓄電状態が75%以上と言うことです。

 

充電が終了すると、電池マークの点滅が点灯に変わります。

 

本体の充電方法は、5V2.5A以下の充電器か自動判別の充電器またはPCのUSBで充電を行って下さい。
5V2.5A以上で充電すると故障の原因になりますのでご注意下さいませ。

パススルーには対応していません。

 

 

他のヴェポライザーとサイズを比較してみた。

色んなヴェポライザーとサイズ比較してみました。

大体どのヴェポライザーより小さいです。
CVAPOR4.0がかなりコンパクトだという事がうかがえます。

 

これだけ小さいデバイスなら持ち物減りますよね(笑)

 

購入できる販売店

※サイトに飛びますのでご注意下さい

 

VAPONAVI          7980円(送料無料)※国内保証3ヶ月付き

 

 

 

消耗品・予備パーツの販売はこちら

セラミックフィルター

VAPONAVI

 

 

シリコンパッキン(青いやつ)

VAPONAVI

 

 
 

 
 

ガラスマウスピース

VAPONAVI

 

 
 
 

ヒートシンク

 
 

ヒートシンクに付いているOリングのみの販売

スレッドマウスピースに付いているOリングのみの販売

※Oリングの購入はまとめて購入した方が送料分お得です

評価

扱いやすさ:★★★★★
喫味   :★★★★☆
キック感 :★★★★☆
携帯性  :★★★★☆
質感   :★★★★☆
電池の持ち:★★★★★
総合評価 :★★★★☆
 
扱いやすさは3ボタンで、わかりやすく扱いやすいです。
メインボタンで電源オン、加熱が始まり、+ボタン-ボタンで温度変更とこれ以上無いわかりやすさ。
1ボタンよりこっちの方がわかりやすいですね。
 
 
喫味、キック感は全ヴェポライザー中かなり高いレベル。
CVAPOR3.0から追加されたセラミックチャンバーが良い仕事をしていて辛味やいがらっぽさをマイルドな味わいに変えてくれます。これほど効果があるのなら全てのヴェポライザーに採用しても良いと思うのですが・・・
あと、不得意なシャグが少なく、大体のシャグが美味しく吸えます。
 
 
携帯性はコンパクトになってさらに携帯性がアップしました。
 
 
質感はCVAPOR3.0と比べて格段に高級感が上がりました。
あと、底部の材質を傷が付きにくい材質に変更したりチャンバー部分の材質を樹脂にしたりと改良点が多く、全てにおいて3.0より劣っている部分はないと思います。
 
 
電池の持ちは約21セッション。
これだけ持てば問題ないですね。一回の充電で21セッション吸えるヴェポライザーはなかなかありません。軽く一日持つと思います。
これ以上吸う方は小型のモバイルバッテリーを持参するか、他のヴェポライザーを持ち歩けば問題ありませんね。
 
 
 
総合評価は星4にしました。
操作性のし易さに始まり、まろやかな喫味に苦手なシャグが少なく、ガツンとしたスロートキックで満足感が高く、高級感のある質感でバッテリーもかなり持つ。おまけにコンパクト。
ここまで整ったヴェポライザーって他にあるでしょうか。
今の所、問題点が見つかりません。
しいて言えば、セラミックチャンバーと青色のパッキンが消耗品なくらい。
 
ヴェポライザー界の優等生CVAPOR4.0。これからヴェポライザー界のエースになるでしょう。
うん。間違いないです。
 
これから先、間違いなくオススメするヴェポライザーの第一候補です。
 
 

最後に

C VAPOR 4.0 ヴェポライザー

いかがだったでしょうか✨

 

今まで優等生だったCVAPOR3.0の新型CVAPOR4.0。

 

改良点満載で怖いもの無しのエリートと変貌を遂げました✨

 

私はこれからヴェポライザーで迷っている方がいたら、迷わずこのCVAPOR4.0を勧めるでしょう。

 

このヴェポライザーが気になった方、私は買った方が良いと思います❤️

 

それじゃまたね🎶

私、イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」とお願いします🙇‍♀️

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

コメント

  1. もと より:

    c-vapor4.0のレビューありがとうございました。
    しかし我慢できなくて買ってしまいました、、、

    別にpax3買わなくても良かったかもって思うほど
    完成度高いです。あれはあれで良いんですけど。

    • イッチー より:

      もとさんこんばんは(^^)
      CVAPOR4.0ご購入されたということでご購入おめでとうございます♪
      私も最近はCVAPOR4.0ばっかり使ってるんですけど、完成度高いですよね(^^♪そして、喫煙回数が多く吸えるので、バッテリー切れに悩まされなくてすみます。
      もし、このCVAPORが全国のコンビニ等で売られるようになればヴェポライザーも普及するとおもいますので、私自身、少し期待してます(笑)

  2. 名無し より:

    初めまして、こんにちは!
    FENIX+とC-vapor4で迷ってるのですが、イッチーさんのランキングではFENIX+が一位でした。
    C-vapor4がまだ出ていなかった頃のようですが、この記事だとC-vapor4の方が良さそうに書いてあります。
    現在勧めるとしたらC-vapor4の方が上でしょうか?

    • イッチー より:

      こんにちは♪CVAPOR4.0とFENIX+は加熱の方式が違い、ガツンとタバコ感を味わいたい方はCVAPOR4.0、着香系の香りや味わいを感じながら吸いたい方はFENIX+をオススメします^^b

  3. ショック より:

    CVAPOR4.0を使用しています~でもCVAPOR3と同じくドローが重たくなってきます(>_<)
    買ってから2ヶ月使用してですよ~チョットショックですね~
    今度分解して掃除してみます!もちろん壊れた時は諦めますけどね(自己責任)

    • イッチー より:

      ショックさんこんばんは♪喫煙時にリキッド使用していますか?チャンバーからエアパスは光を除くと貫通していますので、付属しているクリーニング用のモールにアルコールを湿らせてエアパス穴を入念に掃除することによりドローは軽くなると思います。私のCVAPOR4.0はこれで回復しています(^^♪
      分解すると保証が受けれなくなりますので、出来るだけ分解せずにクリーニング出来る事を願っています。

      • ショック より:

        リキッドは使用していません!クリーニングもアルコールでエアーバスを清掃済み!
        それでも~ダメでした~今日今から分解予定です!成功するか否か~
        神様にお祈りしてからやります!!!!( `ー´)ノ

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述