チョイス アイスティーを試してみた。【シャグレビュー】

シャグ

みなさんこんにちは✨

 

先日、夕飯を作ってルームシェアしているゆきえにごはんを作って食べさせた後、

 

イッチー
イッチー

ゆきえ、じゃぁ私はお部屋でブログ書いたりしてるね〜♪

 

と、自室に戻りました。

1時間後ブログを途中まで書いたところで、

 

イッチー
イッチー

.o0(そういえばお菓子があったから食べながら書こっと😊)

 

と、リビングに行くと、ゆきえも部屋に戻ったのかリビングは真っ暗でした。

キッチンの戸棚からホームパイを取り、自室に帰ろうとしましたが、真っ暗だったのでちょっと怖くなり、小走りよりも本気寄りの走りで戻りました(笑)

 

ホームパイの袋を「カシャカシャ」音を立てて開け、包み紙も「クシャクシャ」と音をたてながら開けていたので、

 

イッチー
イッチー

ヤバっ‼️ゆきえに気づかれるかも・・・

 

と、いつも包み紙を開ける音で気づかれ、ゆきえがやってきて私のお菓子を

 

ゆきえ
ゆきえ

あ〜‼️イッチーひとりだけズル〜い‼️

と、私のお菓子を強奪しに来る(ゆきえにもお菓子をあげてるのに)ので今回も来るかもしれない。と、一瞬シーンとさせましたが、足音は聞こえませんでした。

いつも気がついてやってくるのにあまりにも来ないので、わざと袋の包み紙を「クシャクシャ」としてみたり、音を立てて食べてみたりしながら様子を伺いましたが、一向に来ません。

 

イッチー
イッチー

ま、まさかゆきえの身に何かあったんじゃ・・・

 

と、一気にゆきえのことが心配になり、ホームパイを握りしめ、ゆきえの部屋に行ってみました。

 

イッチー
イッチー

ゆきえー❓入るよー❓

 

と声を掛けても返事がなかったので、「ヤバイ!」と思い、勢いよくドアを開けると、

 

ゆきえは、うまい棒を右手に持ってお腹を出してベッドに寝ていました。

 

イッチー
イッチー

なぁーんだ、良かった。お腹いっぱいになって寝てただけかぁ〜😅

 

と、安堵のあまり、ぺたんと座り込んでしまいました。

ゆきえは、私が勢いよくドアを開けたせいか目を覚まし、

 

ゆきえ
ゆきえ

う〜ん、イッチー、どうしたの❓
って、あー‼️イッチーひとりだけお菓子食べてずるーい‼️

 

と、ぺたんと座り込んでいる私の元に駆け寄り、右手に持っている私のホームパイを引っ張ってきました。

 

私も奪われまいと拳に力を込めて頑張ったんですが、

力を入れている腕を掴まれ、指を一本一本むくようにして剥ぎ取られました。

 

イッチー
イッチー

ゆきえにはカントリーマァムあげたじゃんwwwwwwww

 

と、突っ込んだイッチーです😭
※ゆきえは聞く耳を持たずホームパイの包み紙を開けながら口に持って行き食べていました

 

 

 

さて、今回は氷を入れた冷たい紅茶の様なフレーバー香る、チョイス アイスティーをレビューしてみました♪

 

尚、ヴェポライザーの比較としてコンダクションモデルのCVAPOR3.0コンベクションモデルのFENIX+両方で試していきたいと思います。

各レビューを見たい方はこちら↓

 

 

シャグの情報

名称 CHOICE ICE TEA(チョイス アイスティー)
内容量 30g
巻紙 MAC BAREN 50枚入り レギュラー フリーバーニング
着香 着香系
価格 760円
グラム単価 25.3円/g
※私の吸い方で一回に詰めるシャグが0.4gで、一個につき2セッション吸うので一日に10回詰め替える(たばこ20本分)と一日4g=101.2円で吸える計算になります

大人気チョイスシリーズの着香系シャグ、チョイス アイスティー。デンマーク産。

 

 

パウチの香りを嗅ぐと、ほんのり甘い紅茶の香りがします✨

 

パウチの色も紅茶色で判りやすいですね🎶

 

価格も30g760円、グラム25.3円と、購入しやすい部類のシャグです✨

 

 

開封してみた。

パウチをペラっとめくると、マックバーレンの巻紙が付属しています。

この巻紙は紙の味がするので、私的にはあまり使用しない巻紙です😓

 

 

シャグの状態

パウチを開け、シャグの香りを嗅ぐと、甘い紅茶の様なリプトンの様な香りがします(笑)

ほんのちょっとだけレモンティーの様な香りもします。

 

他のチョイスシリーズのシャグよりも香りが弱い印象を持ちました。

 

 

 

シャグの状態はやや乾燥していました。これから加湿を進めます。

 

刻みは細かい刻みでファインカットです♪

 

ミミガー(ステム)もチョイスはやっぱり多めですね(笑)

 

 

 

ヴェポライザーで吸ってみた。

早速ヴェポライザーで吸ってみましょう。

 

今回も喫味に違いが出てくると思いますので、

・コンダクションモデル(熱伝導式)のウィーキー社のCVAPOR3.0(シーベイパー3.0)
・コンベクションモデル(空気対流式)のウィーキー社のFENIX+(フェニックスプラス)

 

吸い方としては、

コンダクションモデルは口吸い(マウス・トゥ・ラング=MTL)
コンベクションモデルは肺吸い(ダイレクト・ラング=DL)

で、吸っていきたいと思います🎶

 

加熱した空気を吸引する場合、空気が熱い場合がありますので、
吸い始めは一気に吸引せず徐々に試す様にして吸って下さい
 
 
 

まずはCVAPOR3.0から

温度設定は160℃〜230℃全ての温度帯で試していきます🎶

 

シャグの詰め方はふんわりと詰めたはずですが、結構ギュウギュウに詰めてしまい0.5g詰めてしまいました。

CVAPOR3.0は平均で0.3〜0.4g詰めるのがちょうど良いので、かなり詰めすぎですね😅
 
 

MTL(マウス・トゥ・ラング)で一口吸ってみると、

 

喫味はライトテイストで吸引時、紅茶のフレーバーに甘みと酸味を感じ、バージニア葉の甘さが舌に残ります。
紅茶のフレーバーは結構薄めで紅茶味というよりもヴァージニアの甘さが余韻として残ります。

 

はっきり言いますが、紅茶の味はかなりうすめです。

 

キック感は、マイルドに感じます。

 

 

1セッション目の後半まで美味しく頂けました。

 

 

 

比較的低い温度帯で美味しく吸えますが、ガツンとしたスロートキックがお好みの方は高い温度帯で吸われることをオススメします✨ただ、高温度帯になってくると、着香が飛ぶのが早く、バージニアの青臭さが明るみに出てくるので、この辺は好みで調節してみて下さい♪

 

 

紅茶のフレーバーを感じ、美味しく感じた温度帯は
180〜190℃が一番美味しく吸えました❤️

 

 

FENIX+で吸ってみた。

次はFENIX+で吸っていきます。

温度設定は170℃〜220℃全域で比べてみました。

 

シャグの詰め方はふんわり多めに詰め、たつもりがやっぱり詰めすぎ・・0.48g詰めました。

 

 

詰めすぎるとドローが重くなるので、皆さんは適度に詰めて下さい(笑)

 

 

DL(ダイレクトラング)で吸ってみたところ、

 

喫味は、ライトテイストで、CVAPORよりもフレーバーがクリアに感じ、紅茶とバージニア葉の甘みと酸味を感じます。後味にバージニア葉の酸味が残ります。

 

 

キック感はマイルドに感じます。

 

 

 

1セッション目〜2セッションの中盤まで美味しく吸えます。

 

高温の方がスロートキックを強く感じますが、着香がすぐに飛び、バージニアの青臭さが目立つ印象を持ちました。
ただ、着香は飛びますが、スロートキックは強めに出ますので強めのキックを楽しみたい方は高温もアリかもしれません。私は低温で吸う方が美味しく感じました。

 

 

コンベクションモデルのフレーバーを生かしつつ、かつ喫味やキック感に満足出来る温度帯は

緑色の170℃が一番美味しく吸えました🎶

 

FENIX+はフレーバーがクリアに出る反面、バージニア葉の青臭さをより鮮明に拾うので、今回のシャグはバージニアの甘さも酸味も青臭みも全て出てきます。

葉の青臭さが苦手な方はCVAPOR3.0で吸うのをオススメします。

 

 

手巻きタバコで吸ってみた。

続いて、手巻きタバコを巻き巻きして吸っていきたいと思います♪

 

 

フィルターはSharrowのレギュラー。巻紙はジグザグレッド(ZIG-ZAG Red)の巻紙を使っていきます✨

 

火をつけて吸ってみると、

 

喫味はライトテイストで、吸引時紅茶の甘い香りが引き立ち、吐く煙にも紅茶感を感じます。

甘い紅茶の飲み物を飲んだ時の印象に近く感じました✨

 

このシャグは手巻きで吸った方がシャグの美味しさを最大限に引き出せる為、断然美味しく吸えますね🎶

 

 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

氷を入れたアイスティーの様な爽やかな紅茶感を感じるチョイス アイスティー。

 

手巻きタバコで吸うには美味しいシャグだと思いました♪

 

気になった方は是非試してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述