ぺぺ リッチ グリーン ナチュラルを試してみた。【シャグレビュー】

シャグ

みなさんこんにちは✨

 

先日、お仕事が終わり、お家に帰宅し、ルームシェアしているゆきえのご飯を作り、食べてるのを見届けてから、洗濯を回しながらお風呂の掃除、お皿洗いを済ませ、一段落してからお部屋でヴェポライザーを楽しんでいた時、

 

ゆきえ
ゆきえ

イッチー、ちょっといい❓

 

と、ゆきえが私のお部屋に来ました。

 

イッチー
イッチー

うん❓どうしたの❓夜ご飯足りなかった❓🤣

 

ゆきえ
ゆきえ

ううん、青椒肉絲美味しかった✨違うの。イッチー、お仕事終わってからご飯作ってくれたり、掃除したり、私にスイーツ買ってきてくれたりしてるから、私からもコレ、プレゼント🎁✨

 

と、白いビニール袋に入った大きなものを手渡してきました。

 

イッチー
イッチー

えっ、ゆきえ、そんなお金使わなくていいのに😊
私はゆきえと一緒に生活するの楽しいから色々不自由させたくなくてやってるだけだから気にしないでね🎶

 

と、貰った白いビニール袋の中身を見てみると、

 

うまい棒サラミ味が30本パックでまるごと入っていました。

 

イッチー
イッチー

いやゆきえwwwwwwこんなに食べられないからwwwww
しかも全部同じ味じゃんwww

 

と、ゆきえらしいプレゼントに私らしいツッコミで返したイッチーです🤣
※ゆきえは色々抜けてる所あるけど根は優しい子なんです
※2 目の前のうまい棒の山を改めて見てちょっとジーンとしてしまいました

 

 

さて、今回は無添加バージニア100%のすっきりとした甘さ引き立つ、ペペ リッチグリーン ナチュラルをレビューしてみました♪

 

尚、ヴェポライザーの比較としてコンダクションモデルのCVAPOR3.0コンベクションモデルのFENIX+両方で試していきたいと思います。

各レビューを見たい方はこちら↓

 

 

シャグの情報

 

名称 Pepe RICH GREEN NATURAL(ペペ リッチ グリーン ナチュラル)
内容量 30g
巻紙 smoking GREEN 60枚入り レギュラー スローバーニング
着香 非着香系
価格 710円
グラム単価 23.7円/g
※私の吸い方で一回に詰めるシャグが0.4gで、一個につき2セッション吸うので一日に10回詰め替える(たばこ20本分)と一日4g=94.8円で吸える計算になります

ドイツのタバコメーカー、VON EICKEN社より発売されている、ぺぺ リッチ グリーン ナチュラル。

 

リッチグリーンって何❓と思うと思いますが、贅沢に無添加ヴァージニアを100%使用している。というところからこの名前が付けられています。

パッケージにもわかりやすく書かれています。

 

 

 

パウチには躍動感のあるタバコ葉とお城のエンブレムが描かれています。

最初見たとき、「鉄仮面」のイラストだと思ってました(笑)鉄仮面に見えませんか❓😊

 

価格も30g710円、グラム23.7円と、購入しやすい部類のシャグです✨

 

 

開封してみた。

 

パウチをペラっとめくるとスモーキンググリーンの巻紙が付属しています。

コーナーカットで使いやすいですよね🎶

 

 

シャグの状態

パウチを開け、シャグの香りを嗅ぐと、爽やかなバージニア葉の香りがします。

ゴールデンバージニアの様な酸味は感じません。すっきりとした煙草葉の香りです。

 

 

シャグの状態は乾燥していました。苦味のある辛いタバコが嫌いな方は加湿してから吸うのが良いです。

 

刻みも結構細かい刻みです。

 

ミミガー(ステム)も見受けられました(笑)

 

 

 

ヴェポライザーで吸ってみた。

 

早速ヴェポライザーで吸ってみましょう。

 

今回も喫味に違いが出てくると思いますので、

・コンダクションモデル(熱伝導式)のウィーキー社のCVAPOR3.0(シーベイパー3.0)
・コンベクションモデル(空気対流式)のウィーキー社のFENIX+(フェニックスプラス)

 

吸い方としては、

コンダクションモデルは口吸い(マウス・トゥ・ラング=MTL)
コンベクションモデルは肺吸い(ダイレクト・ラング=DL)

で、吸っていきたいと思います🎶

 

加熱した空気を吸引する場合、空気が熱い場合がありますので、
吸い始めは一気に吸引せず徐々に試す様にして吸って下さい
 
 
 

まずはCVAPOR3.0から

温度設定は160℃〜230℃全ての温度帯で試していきます🎶

シャグの詰め方はふんわりと詰め、0.39g詰めました🎶

 
 

MTL(マウス・トゥ・ラング)で一口吸ってみると、

 

喫味はミディアムテイストで吸引時、すっきりとしたヴァージニア葉の甘さを感じます。
後味に喉にイガイガとした苦味を感じますが、加湿するとイガイガ感は薄くなります

 

キック感は吸い始め、

イッチー
イッチー

あれ、軽いのかな❓

と思っていましたが、結構ガツンとスロートキックを感じ、容易にニコクラを起こしました。

 

 

1セッション目〜2セッションの最後までヴァージニアの程よい甘さを感じ、美味しく頂けます。

 

 

 

比較的高い温度帯で美味しく吸えますが、ガツンとしたスロートキックが苦手な方は低い温度帯で吸われることをオススメします✨
この辺は好みで調節してみて下さい♪

 

 

すっきりとしたヴァージニアのフレーバーを感じ、美味しく感じた温度帯は
200℃〜220℃が一番美味しく吸えました❤️

 

 

FENIX+で吸ってみた。

次はFENIX+で吸っていきます。

温度設定は170℃〜220℃全域で比べてみました。

 

シャグの詰め方はふんわり多めに詰め、0.44g詰めました。

 

DL(ダイレクトラング)で吸ってみたところ、

 

喫味は、ミディアムテイストで、CVAPORよりもクリアにヴァージニアのすっきりとした甘みとコクを感じます。うん、美味しいですね✨

 

 

キック感はガツンとキックスロートを感じます。私はニコクラを起こしました。

 

 

1セッション目〜2セッションの最後まで美味しく吸えます。

 

高温の方がスロートキックを強く感じ、ヴァージニアの甘さも引き立つ為、
私は高温で吸う方が美味しく感じました。その代わり、ニコクラは強めに出ますのでニコクラに弱い方はご注意くださいませ。

 

 

コンベクションモデルのフレーバーを生かしつつ、かつ喫味やキック感に満足出来る温度帯は

赤色の210℃が一番美味しく吸えました🎶

 

 

 

 

手巻きタバコで吸ってみた。

 

続いて、手巻きタバコを巻き巻きして吸っていきたいと思います♪

 

 

フィルターはSharrowのレギュラー。巻紙はチェ付属の巻紙を使っていきます✨

 

火をつけて吸ってみると、

 

喫味はヘビーテイストでガツンと感じ、吸引時にヴァージニアの甘さを感じます。

ガツンとした喫味とは裏腹にすっきりと吸いやすく、どんどん吸ってしまいそうなイメージですが、クラクラとしてきます。私は途中で消してしまいました。

 

無添加ヴァージニア100%のすっきりとした甘さを感じながら吸う美味しいタバコを探している方はこのシャグ、かなりオススメします✨

 

 

ヴェポライザーと手巻きタバコ、どちらでも美味しく吸えました🎶

 

最後に

 

いかがだったでしょうか✨

 

無添加100%ヴァージニア葉本来のすっきりとした甘さのぺぺ リッチ グリーン。

 

ゴールデンバージニアの舌に残るねっとりとした酸味のある甘さが苦手な方には、こっちの方がおすすめです😊シガレットしか知らない方がこれを吸うと美味しさにビックリしますよ❤️

 

気になった方は是非試してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述