今日から始める手巻きタバコ簡単スタートガイド

お役立ち情報

みなさんこんにちは✨

 

近年、増税に伴いタバコの値段がグングン上がって今や価格は500円オーバー。

 

2019年10月1日にもJTとフィリップモリス社が消費税増税に伴い一箱あたり10円の値上げを実施します。

 

更に2020年、2021年にも増税を予定しているとも噂があります。

 

前々から言われていた一箱1000円の時代が近い未来本当にやって来るかもしれません。

 

全国の愛煙家の方達は財布が厳しくなる事必至です。

 

こう高くなると本当にタバコ事情考えないとダメだなぁ。

 

でも、辞められないしなぁ・・・

 

節煙期待して始めたアイコス、グロー、プルームテックも
結局節煙出来てないし、逆にお金かかってるよ。
もうタバコに戻ろうかな・・・

 

と思ってらっしゃる方、多いと思います。

 

そんな方々、手巻きタバコをご存知でしょうか。

 

日本ではまだ馴染みが少ないものですが、海外ではかなりポピュラーなタバコで、その名の通り、

自分でタバコの葉っぱを紙で巻いて吸うものです。

 

日本でも一部で流行っており、人気の理由は、

・ランニングコストが安い(通常のタバコと比べて4分の1〜5分の1)
・タバコが段違いに美味しい
・自分のオリジナルタバコにカスタム出来る
 
と、密かに流行っています。
 
実際に私も手巻きタバコばっかり吸っていた時期がありましたが、
私の場合、一日一箱喫煙して、1ヶ月で大体15,000円位煙草に支払っていました。
 
イッチー
イッチー

毎月、タバコ代高いなぁ〜

と思いながら、でも吸わない事も出来なかったので仕方なく支払っていたんです。
 
 
しかし、手巻きタバコに乗り換えて1ヶ月大体3,000円になりました✨
 
これってすごくないですか❓
 
 
その差12,000円ですよ⁉️
 
 
私は節約になった差額で、バッグや靴、服などにお金を使える様になりました(笑)
 
 
 
今回は、そんなお財布に優しい手巻きタバコの始め方を、初心者や女性にもわかりやすく書いていきたいと思います🎶
 
 
 

手巻きタバコに必要なもの

手巻きタバコを作る時に必要なものは、

・シャグ
・巻紙(ペーパー)
・フィルター
・ローラー

4点セットが必要です。※ライターももちろん必要です

 

ローラーは無くても巻けますが、手だけで巻くのは難しいので最初はあったほうが絶対に良いです。

 

では、詳しくみていきましょう🎶

 

 

シャグ

シャグとはタバコの葉っぱで、日本に流通しているシャグだけでも100種類以上存在します。

なので、自分の好きなシャグが必ず見つかると言われています。

 

自分にあったシャグを探しながら吸うのも楽しいですよ✨

 

価格は30gで約700円〜800円で購入出来、巻き方で本数も多く作れます。

スリム巻きだと100本〜120本程作る事が出来ます。

 

購入できる場所は、大きなたばこ屋さんや、ドンキホーテにも売ってます♪

 

 

シャグには、

・タバコ葉に香りをつけてある着香系
・本来のタバコ葉の味わいを楽しむ非着香系

があります。

 

非着香系は、タバコ葉の甘みや酸味、苦味といったタバコ葉本来の味わいを楽しむ方に人気で、
着香系はタバコ葉の味わいの他に香りや味を楽しむ方に適しています。

 

私の場合、その日の気分でシャグを変えて吸っています♪

 

 

初心者の方にオススメな代表的なシャグ

 

非着香系ならチェ レッド

着香系ならコルツグリーンティー

メンソールならチェ ブラックメンソール

 

をオススメします😊

 

その他のシャグも私のブログでも紹介していますので、是非参考にしていただけると嬉しいです✨

 

 

みんなが選ぶシャグランキングを見に行く↓

 

 

巻紙(ペーパー)

巻紙(ペーパー)とは、先ほど紹介したシャグを巻くためのものです。

 

価格は100円〜120円程で購入出来ます。

 

入っている枚数は50枚か60枚が多いです。

 

紙には片側にノリが付いていて、巻く時はこのノリの部分に水を付けて巻く形になります。

 

 

紙の材質、大きさ、薄さ、燃える燃焼時間が巻紙毎に異なり、かなりの種類があります。

 


紙の材質

通常の紙
ヘンプ=麻を使用した巻紙。基本的に紙の味が少なくまろやか。
リコリス=甘草を使用した巻紙。甘い。

と色々な種類があります。

 

基本的には通常の紙を使っている方が多いです。

 


紙の大きさ

70mm=レギュラーサイズ。ショートピースと同じ長さ
79mm=ミディアムサイズ。ワンクォーターとも言う。
110mm=キングサイズ。タバコの100mmロングより少し長い。
ロール=ラップの様に自分の好きな長さで切って使える。
と色々な種類がありますが、
 
基本的に70mmのレギュラーを使っている方が多いです。
 
 
私も基本的にレギュラーサイズを使用しています♪
 
 

燃焼時間

フリーバーニング=燃焼剤が入っている
スローバーニング=燃焼剤が入っていない
基本的にこの2種類があります。※この真ん中のミディアムバーニングと言うのもあります
 
 
フリーバーニングは普段吸ってらっしゃる普通のタバコに使われている紙の事です。
 
スローバーニングはアメリカンスピリット等に使われている巻紙で、燃焼速度が遅く、長い時間タバコを楽しめます
 
私は基本、スローバーニングを使用しています。
 
 
薄さも熱いものから薄いものまで様々です。
 
 
 
とりあえず最初はシャグに巻紙が付属しているので、その巻紙でも良いと思います。
 
 
巻紙がなくなりましたら、スモーキングブラウンという巻紙がオススメです♪
 
 
 
 
 

フィルター

通常のタバコにも入っているフィルターです。
 
価格は150個や200個で約300円程で購入出来ます。
 
 
フィルターにも様々な種類があり、代表的なものを挙げると
フィルター径
レギュラーサイズ=約8mm
スリムサイズ=約6mm
等のものが一般的です。メンソールのフィルターやバニラ味のフィルターもあります。
 
 
長さについても18mm、25mm、30mm等ありますが、ご自分の好きなものを選ぶと良いと思います。
 
 
最初のオススメはピュアレギュラーがオススメです。
 
 
 

ローラー

最初の手巻きには無くてはならないもの、ローラーです。

 

2本のローラの間にフィルターシャグを挟み、巻紙を巻き込んで使用します。

 

このローラーがあるとすごく巻くのが楽なので、是非とも入手して欲しいです。

価格は、約400円〜約1000円で購入出来ます。

 

 

巻紙と同様にサイズがありますので、お持ちの巻紙のサイズのものをご購入下さい。

基本的に70mmレギュラーの物を購入すると良いと思います😊

 

使い方は、上の写真のようにフィルターとシャグを詰め、巻紙を巻き込ませてタバコを作ります。
※手巻きタバコについては後述します

 

私のオススメローラーはRAWのレギュラーローラーです✨

 

 

手巻きタバコの作り方

まずは、シャグ、巻紙、フィルター、ローラーを準備します。

 

 

ローラーにフィルターをセットする

ローラーを準備します。ローラーが自在に動く方を手前にしてフィルターをセットします。

写真ではフィルターを右側にセットしていますが、左側でも構いません。

やりやすい方にセットして下さい。

 

シャグを詰める

次にシャグを詰めていきます。

量の目安は、フィルターよりも少し多い位の量を詰めていきます。

画像を参考にしてみて下さい♪

 

ローラーを閉じる

手前のローラーを中央に動かし、ローラーを閉めます。

 

 

ローラーを回し、シャグを整える

この状態で手に持って、手前のローラーを手前側に2〜3回、回してシャグを馴染ませます。

 

 

このローラーを回すのは手前側のローラーだけ親指でクルクル回し奥側のローラーは人差し指を添えるだけにして下さい。

ローラーを回す圧力が強いと葉っぱが締まってしまい、吸えないタバコが出来上がってしまうのでご注意下さい。

 

 

巻紙を挿入する

巻紙を隙間に挿入する。

巻紙を用意し、ノリが付いている方を上にし、ローラーの隙間に入れながら、ローラーを回すと巻紙がローラーに吸い込まれていきます。

 

 

ローラーを回すと巻紙が吸い込まれていく。

これくらい吸い込まれた状態で、巻紙の糊面に水を付けるか、舌で「ペロッ」と舐めて糊を湿らせます。

 

 

完全に巻紙が入ったら1〜2回回し馴染ませる。

完全に巻紙が入ったら1〜2回転回し、巻紙を馴染ませる。

この時、あまり回しすぎるとシャグが締まり、吸えないタバコになる為、注意して下さい。

何回か作っているとコツが分かってきます。

 

 

先程と同様、回す力に気をつけながら巻いていきます。

2枚目の写真の1番が通常の力で巻いた状態。

2番と3番は巻く力が強すぎる状態です。

 

もし、巻く力が強すぎて吸えないタバコが出来上がったとしても、分解すればまた巻けますので、何回か練習してみて下さい✨

 

 

最後にローラーを開けると出来上がりです🎶

 

うまく巻けましたか❓😊

 

 

Q&A

巻紙がナナメに巻けてしまう&先が細くなってしまうんですが。

 

イッチー
イッチー

細くなっている方の指の巻く力が強すぎるか、シャグの量が少ないです。
指の力を抜いて作ってみるか、シャグを多くして巻いてみて下さい。

 

 

巻いていると、ローラーがベタベタになってしまいます。

イッチー
イッチー

巻紙の糊面に付ける水の量が多すぎます。糊が付いている裏側に水を付けると多少は改善します。

 

一つのシャグで沢山のタバコを作りたいんですが・・・

イッチー
イッチー

フィルターをスリムタイプのもの、巻紙をスローバーニング紙を使って巻いてみて下さい。
私の作り方で40gで130本位作れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

美味しく吸え、自分好みにカスタムしながらお金も節約できる手巻きタバコ。

お家で巻き溜めしておけば、出先で普通のタバコの様に吸うことが出来ますね♪

 

今までなにげなく吸っていたタバコを楽しい趣味にしてみませんか❓

 

気になった方は是非試してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述