チェ シルバーを試してみた。【シャグレビュー】

シャグ

みなさんこんにちは✨

 

先日、夜にご飯を食べた後、ルームシェアしているゆきえとお菓子を食べようとしていた時の事。

 

イッチー
イッチー

ゆきえ、アルフォートたべる❓

 

ゆきえ
ゆきえ

わぁー✨食べる食べる🎶

 

イッチー
イッチー

じゃー、はい😊どうぞ🎶
私はブログ書いてから食べるね❗️

 

と言い残し、リビングから自分の部屋に戻り、ブログを書いていました。

3時間位でブログを書き終え、

 

イッチー
イッチー

ふぁー❗️終わった~😆
よし、お菓子食べよ🎶

 

と、キッチンに楽しみにしていたお菓子を取りに行き、ブログを確認しながら食べようと自室に戻りました。

 

私が選んだお菓子はパイの実だったんですが、

パイの実の外箱の「ペリペリペリ」を開け、中の銀の包み紙を丸く開ける時に「カシャカシャカシャ」と音を立てて開けていました。

 

一つつまんで食べると、「あたしゃ、この為にブログを頑張ってたんだ・・・」と、至福感溢れる甘さが脳に飛び込んできて幸せの絶頂に包まれました。

 

イッチー
イッチー

よし、もう1つ食べてみよう・・・
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
ああっ・・・幸せ・・・❤

 

と、舌鼓を打ちながら至福のひとときを過ごしていると、勢いよく部屋のドアが開き、

 

ゆきえ
ゆきえ

あーっ‼️イッチー1人でお菓子食べてずるーい‼️‼️

 

と、ゆきえが「ペリペリペリ」と、「カシャカシャカシャ」の音だけでお菓子だとわかり、自分の部屋から私の部屋までダッシュで走って来ました。
(アンタは動物か‼️🤣)

 

イッチー
イッチー

いやっ、さっき私お菓子たべてな・・・

 

ゆきえ
ゆきえ

罰として、コレは私が預かります‼️😤

 

イッチー
イッチー

ちょっとまって‼️私の幸せ・・行かないでぇぇぇ~😫

 

ゆきえはパイの実をつまみながら部屋から出ていきました。

 

イッチー
イッチー

いやさっき食べただろwwwwww

 

と、ドアの締り際に叫んだイッチーです😭

※こういう事がよくあるので、私はこっそりアイスを持ってきて、無音で口の中で溶かしながら食べました(笑)

 

 

さて、今回は非着香系の決定版、チェ シルバーのレビューをしていきたいと思います♪

尚、比較としてコンダクションモデルのCVAPOR3.0コンベクションモデルのFENIX+両方で試していきたいと思います。

各レビューを見たい方はこちら↓

 

 

シャグの情報

名称 che silver(チェ シルバー チェ 銀)
内容量 25g
巻紙 Rebel 50枚入り レギュラー スローバーニング
着香 非着香系
価格 580円
グラム単価 23.2円/g
※私の吸い方で一回に詰めるシャグが0.4gで、一個につき2セッション吸うので一日に10回詰め替える(たばこ20本分)と一日4g=92.8円で吸える計算になります

無添加たばこの代名詞、チェ。

 

銘柄の名前にもなっているチェは、キューバのゲリラ指導者、チェ・ゲバラ(本名エルネスト・ゲバラ)の事で、チェとはアルゼンチンの方言で「お前(親しい感じの)」、「やぁ!」「ダチ」といった砕けた表現で、ゲバラが初対面の人に「チェ、エルネスト・ゲバラだ。」と言っていたことから、キューバ人から「チェ」の発音を面白がり付けたあだ名との事です。(キューバ人はチェの言葉を使わない)

ご存知の通り、ゲバラはキューバの英雄なので、その有名なゲバラの名前をパッケージにしたのが由来とされています。

 

このチェ シルバーはチェ 赤ライトバージョンで、チェシルバーも絶大な人気を誇ります。

チェ 赤より、マイルドな喫味で、比較的軽い味わいが人気です✨

たばこ葉にはルクセンブルク産の

・バーレー葉
・バージニア葉
・メリーランド葉
・オリエント葉
を贅沢にブレンドし、甘くまろやかな喫味を実現しています。
 
 
 

巻紙はRebelのスローバーニング紙が付属しています。

この巻紙、付属紙にしてはすごく優秀で、薄さも極薄、紙の味もあまり感じないのでファンが多いです。ホント、この巻紙一般販売してくれればいいのに(笑)

 

価格も25gで580円と購入しやすく、グラム単価だと23.2円と平均の25円/gより安く購入できる点も魅力的です✨

 

開封してみた。

パウチをペラッとめくると巻紙が貼り付けてあります。

この巻紙、コルツシリーズの様な粘着剤とは違い、かなり強力な粘着剤でくっ付いているので、簡単に引き剥がせません(笑)

無理に剥がそうとするとパウチが破れますのでご注意ください😓

 

 

シャグの状態

シャグの状態は程よい加湿状態でパウチを開けた時は長方形型に固まっていました。

右の写真がほぐした後の状態なんですが、チョイスシリーズ位、刻みは細かいです。

 

職人達のハンドストリップのお陰か、ミミガー(ステム)は少ないですね😊

 

 

ヴェポライザーで吸ってみた

早速ヴェポライザーで吸ってみましょう。

 

今回も喫味に違いが出てくると思いますので、

・コンダクションモデル(熱伝導式)のウィーキー社のCVAPOR3.0(シーベイパー3.0)
・コンベクションモデル(空気対流式)のウィーキー社のFENIX+(フェニックスプラス)

 

吸い方としては、

コンダクションモデルは口吸い(マウス・トゥ・ラング=MTL)
コンベクションモデルは肺吸い(ダイレクト・ラング=DL)

で、吸っていきたいと思います🎶

 

 

まずはCVAPOR3.0から

温度設定は160℃〜230℃全ての温度帯で試していきます🎶

シャグの詰め方はふんわりと詰め、0.42g詰めました🎶

 
 

MTL(マウス・トゥ・ラング)で一口吸ってみると、

 

喫味はライトテイストで吸引時、バージニアのほのかな甘さを感じ、ほんのちょっとだけオリエント葉の舌がピリッとする様な苦味が舌に伝わり、後味にバージニアの甘さと酸味が舌に残り、喉の奥に多少苦味を感じます。ちょっと大豆感がありますね。
巻きタバコを吸った時のタバコのコクが強く、軽いタバコだけど、しっかりタバコを吸った感覚が余韻として残ります。

 

キック感は、緩やかに感じ、ガツン!とは来ません。

 

1セッション目、2分を過ぎたあたりから後半にかけて1番の盛り上がりを見せます。
2セッション目も最後まで美味しく頂けます。

 

チェ レッドよりかなり軽い印象ですが、コクがあり美味しいです。
割と軽めなタバコがお好みな方には満足頂けるのではないでしょうか✨

 

低い温度帯〜高温度帯全域で美味しく吸えますが、より強い喫味とキック感を楽しみたい方は高温度帯で吸われることをオススメします✨
この辺は好みで調節してみて下さい♪

 

美味しく感じた温度帯は200℃が一番美味しく感じました❤️

 

 

FENIX+で吸ってみた。

次はFENIX+で吸っていきます。

温度設定は170℃〜220℃全域で比べてみました。

 

シャグの詰め方は今回ふんわり多めに詰めました。

 

DL(ダイレクトラング)で吸ってみたところ、

 

喫味は、低温〜高温全域でスッキリとしたバージニアの甘みを楽しめます。

吸引時、オリエント葉のピリピリとした酸味が、舌を刺激します。

後味はバージニア葉の甘さと大豆の旨味の様な味がほのかに舌に残ります。

 

 

キック感はCVAPOR3.0と同様、緩やかに感じました。キック感がないわけではなく、ゆっくりニコチンを感じ、吸った感じはあります。連続で吸うとニコクラを起こします。

 

うん🎶美味しい✨

 

温度が高くなるにつれ、喫味とキック感は強くなりますね✨

 

こちらも低温度帯〜高温度帯どちらでも美味しく吸えます🎶

 

コンベクションモデルのフレーバーを生かしつつ、かつ喫味やキック感に満足出来る温度帯は

紫色200℃が一番美味しく吸えました🎶

 

このシャグは、CVAPOR3.0、FENIX+両方とも美味しく吸えます。

 

 

 

手巻きタバコで吸ってみた。

続いて、手巻きタバコを巻き巻きして吸っていきたいと思います♪

巻紙は付属のRebelを使っていきます✨

 

火をつけて吸ってみると、

 

元々手巻き用に作られたシャグだけあって、喫味は吸引時と吐く煙にヴェポライザーで吸う時より強いバージニア葉本来の甘味と少し金属を舐めた様なオリエント葉の苦味を感じます。
この苦味こそタバコにはなくてはならないものでちょっと癖になる人もいると思います。

 

ライトな喫味だけどコクがあり、軽いけど吸った感があるような印象で満足度が高いと思います。

さすがチェ‼️と言った印象を持ちました✨

 

チェはヴェポライザーで吸っても手巻きで吸っても両方とも美味しいと思います。

 

 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

ひとえにチェ。と言っても多種多様で、各バージョンで様々な顔を持っています。

その中でもチェ シルバーはライトな喫味でコク高く、軽いタバコを好む人でもコクが欲しい!といった方に満足感を与えるシャグだと思います。

 

気になった方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述