【2019年8月度】イッチーが選ぶヴェポライザーランキング。

ランキング

みなさんこんにちは✨

 

ヴェポライザーを購入しようと思った時、

 

どのヴェポライザーを買えば良いかわからない。

どれが一番良いの?

たくさん種類があってよくわからない。

 

等、迷っていませんか❓または迷った事がありませんか❓

 

今回は、私がこれまで試してきたヴェポライザーの中から価格別にランキング形式でまとめましたので是非参考にしてみてください🎶

 

それでは見ていきましょう✨

 

シャグランキングを見たい方はこちら↓

 

価格別ランキング

1万円未満のスタンダードモデル

第1位

左がFENIX+右が旧FENIX。

名称 WEECKE FENIX+(ウィーキー フェニックス プラス)
方式 セミコンベクション方式(空気対流式チャンバー)
サイズ 111mm×28mm×58mm
重さ 本体:140.9g
バッテリー容量 2300mAh
温度設定範囲 170℃、180℃、190℃、200℃、210℃、220℃(色判別)
喫煙時間 5分間+延長機能で3分延長可能
喫煙回数 充電MAX状態から約10セッション
加熱時間 220℃まで約40秒
充電時間 約1時間
価格 9,800円(税込)※2019年8月現在

 

スタンダードモデル(1万円以下)のヴェポライザーの中で着香系、非着香系共にフレーバーが良く感じられるセミコンベクション方式の機種で、キック感も満足できるFENIX+。
 
 
バイブ機能搭載で
・電源投入時
・設定温度に到達した時(加熱完了時)
・終了前の10秒前
・終了時
に本体が振動します。一番嬉しいのは終了前の10秒前にバイブレーションで教えてくれるのが非常に便利で、この時点で吸い足りない方は電源ボタンをワンクリックすると3分延長して吸うことが出来ます🎶
 
シャグをあらかじめ入れておいて出先でスマートに装填出来る専用のスペーサーも用意されています🍀
 
あと私的に嬉しいのは充電が1時間で終わる所です😊
出先に持ってきた時に、充電するのを忘れていても、すぐにモバイルバッテリーで満充電に出来ます❤️これって結構重要ですよね🎶
 
 
ただ、初めての方は喫味を感じづらい(味が薄く感じる人もいる)機種ですので、心配であれば2位のモデルをオススメします✨
 
 
 
 
 

第2位

名称 WEECKE CVAPOR3.0(ウィーキー シーベイパー3.0)
方式 コンダクション方式 (熱伝導方式)
サイズ 26mm×50.5mm×118mm
重さ 本体:126g
バッテリー容量 2300mAh
温度設定範囲 160℃〜230℃の間で1℃刻みで変更可能
喫煙時間 4分間
喫煙回数 充電MAX状態から約15セッション
加熱時間 230℃まで約25秒
充電時間 約3時間
価格 7,980円(税込)※2019年8月現在

 

ヴェポライザーと言ったらこの機種を思い浮かべる方多いのではないでしょうか。
おそらくヴェポライザーの所有率がダントツで高いCVAPOR3.0。
 
 
タバコ葉をチャンバーで直接温めるコンダクション方式を採用し、ダイレクトな喫味で初心者の方でも楽しみやすくなっています。
 
 
特徴は、温度状況にもよりますが、約15セッション吸えるバッテリー持ちの良さ、シガレットやアイコスのスティックを切ってチャンバーに入れてすぐ吸える手軽さ(シャグの方が断然美味しいです)、がウケてタバコ、アイコスユーザーが乗り換え易い機種だと思います。
 
 
 
液晶表示やバイブレーション機能があるのも魅力的な特徴の1つですよね🎶
 
ガラスマウスピースの作りが良く、口触りが良く、味も感じやすく作られています。
 
 
FENIX+と同様、外出時に便利な専用のスペーサーも用意されています🍀
 
 
 
「ヴェポライザーをこれから始めてみたい」という方はCVAPOR3.0はオススメな機種です✨
 
 
 
 
 
 
 

2万円以上のハイエンドモデル

第1位

名称 BOUDLESS TERA V3(バウンドレス テラ バージョン3)
方式 フルコンベクション方式 (空気対流方式)
サイズ 44.5mm×58.5mm×106.5mm ※実寸値
重さ 本体:193.2g(バッテリー含まず)
バッテリー容量 18650規格2500mAh×2本
温度設定範囲 40℃〜220℃の範囲で1℃刻みで変更可
喫煙時間 5分
喫煙回数 約10セッション
加熱時間 220℃まで約30秒
充電時間 約3時間〜5時間
価格 23,760円 ※2019年8月現在

フルコンベクション方式のハイエンドヴェポライザー、バウンドレス テラ。

 

私が持っているコンベクション方式では確実に一番の喫味の良さで、家では毎日愛用しています✨

 

しかし、デバイスの大きさが結構大きく、携帯性が多少犠牲になっていますので、出先では小振りなヴェポライザーで我慢し、家に帰って来てからゆっくりと愉しむ。という使い方がベストだと思います。持ち歩きたい人は持ち歩いても良いんですよ🎶(笑)

 

18650規格のバッテリー交換式なので、バッテリー切れも怖くありませんね🎶

 

何回も言います。テラの喫味は最高です❤️

金銭的に余裕がある方は是非お勧めします✨

 

BOUNDLESS TERAが気になった方はこちら↓

 

 

第2位

名称 ZEUS ARC GT(ゼウス アーク ジーティー)
方式 コンダクション方式(熱伝導式チャンバー)
サイズ 87mm×42mm×22.5mm
重さ 本体:126g
バッテリー容量 3500mAh
温度設定範囲 205℃、215℃、225℃(ファームウェアの書き換えにて変更可)
喫煙時間 10分
喫煙回数 充電MAX状態から10分を1セッションとした場合約8回、
5分位を1セッションとした場合約16回
加熱時間 225℃まで約80秒
価格 29,800円 ※2019年8月現在
 
ハイエンドモデルのヴェポライザー、ZEUS ARC GT。
 
チャンバーで熱された空気が通るマウスピースの金具に「金(Gold)」を使うことによって熱伝導率を高め、熱された空気を冷まし、クールスモーキングを可能にし、上質な安定した喫味を実現しています。今まで私が使ってきたヴェポライザーの中では1位か2位の喫味です。
 
 
ハイエンドのヴェポライザーにふさわしく、PCで本体のファームウェアの書き換えをし、温度設定パターンを変更したりと細かいセッティングを可能にしています。(FWの書き換えを行わなくても喫煙出来ます)
 
 
他にも本体を振るとバッテリーの残量を表示したりと楽しいギミックも搭載されています。
 
 
 
ヴェポライザーユーザーは一度は使ってみたいと思う機種だと思います🎶
 
 
 
 

第3位

名称 Arizer Go ArGo(アライザー ゴー アルゴ)
方式 コンダクション方式コンベクション方式(ハイブリッド方式)
サイズ 24.9mm×52.7mm×83.5mm(実寸値)
重さ 本体:136g
バッテリー容量 3400mAh(18650バッテリー交換式)
温度設定範囲 50℃~220℃の1℃刻みで設定可能
喫煙時間 5分〜15分の範囲を1分刻みで変更可能
喫煙回数 充電MAX状態から5分モードで約18セッション
10分モードで約9セッション(連続使用で90分間使用可能)
加熱時間 220℃到達まで約110秒
価格 27,980円(税込) ※2019年8月現在
ハイブリッド方式のハイエンドヴェポライザー Arizer Go ArGo。
 
試験管の様なマウスピースが特徴的なデバイスです。

 

ArGoは持ち運び時に、ガラスマウスピースを誤って割らない様に本体がリフトアップするギミックが楽しいデバイスです✨

喫味はハイブリッドの特性を生かした味わいになっており、クリアな喫味にガツンと来るキックが特徴です。

 

特筆すべきはメンテナンス性の良さ。
シャグを入れるチャンバーがマウスピース一体になっているので、汚れる所はガラスマウスピースのみで、水道水でジャバジャバ洗うだけでメンテナンスが済んでしまうメンドくさがり屋さんにはもってこいの一台となっています🎶

バッテリーも18650規格の交換式を採用しているので、万が一のバッテリー切れにも即対応できる点も評価が高いポイントだと思います✨

 

最近注目を集めているArizer Go ArGo。アナタのお気に入りに加えてみてはいかがでしょうか🎶

 

気になった方はこちら↓

 

 

番外編

ヴェポライザーを試してみたいんだけど、
そんなにお金が出せないんだよね。

 

とりあえず、どんな感じなのか試してみたいわ

という方も結構多いんじゃないでしょうか。

 

そういう方にはこちら、いかがでしょうか✨

 

 

名称     :focusvape Pith(フォーカスベイプ ピス)
方式     :熱伝導式チャンバー(コンダクション方式)
サイズ    :19.4mm×35.3mm×84mm
バッテリー容量:850mAh
温度設定範囲 :200℃、210℃、220℃(LED表示三段階温度設定)
喫煙時間   :3分間
喫煙回数   :7〜8セッション

価格     :3980円(税込)※2019年8月現在
100円ライターと同じくらいの大きさでこの価格帯ではあり得ないくらいの喫味とキック感を叩き出す3,980円のヴェポライザー、フォーカスベイプ ピス。
 
 
特筆すべきはこの小ささ。
 
先ほど紹介したスタンダードモデルのCVAPOR3.0とFENIX+よりも、
小さいサイズながら結構良い味が出ます
温度は3段階固定でシャグもそんなに詰まらない。満充電で7〜8セッションと、このヴェポライザーだけでずっと使っていく。となると心細いですが、3,980円なので、最初のスターターとして購入するには私はアリだと思います✨
 
私はこのピス、とても小さいので、緊急用に化粧ポーチにいつも入れて持ち歩いています♪
 
 
 
 
 
 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

私個人的にはやっぱりBOUNDLESS TERAかZEUS ARC GTが一番美味しいと思いますが、価格と味のバランスを見ると、FENIX+が一番扱いやすいデバイスになるのかなぁと思います😊

 

今後、まだまだヴェポライザーを増やしていく予定ですので、順位が変わったりしたらまたランキングを書きたいと思います✨

 

今の所はこの順位は動かないと思います💕

 

もし気になった方は購入してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

私、イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」とお願いします🙇‍♀️
 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述