チェ メンソールを試してみた。【シャグレビュー】

シャグ

みなさんこんにちは✨

 

先日、友達のゆきえがルームシェアする為に私の家に引越ししてきたんですが、その片付けも、ようやく落ち着いてきた頃、

 

イッチー
イッチー

ゆきえ、私のお部屋の模様替えしたいんだけど、ちょっとだけ手伝って貰える❓

 

ゆきえ
ゆきえ

うん、いいよー✨

 

私の部屋は長方形の9畳のフローリングで、端っこにベッドがあり、その対辺にシャグを巻いたりする机があるんですが、ベッドの位置を90度回転して部屋を広くしようとしてました。

 

ゆきえ
ゆきえ

イッチー✨、とりあえず、ベッドをリビングに一旦出そうよ~😊

 

イッチー
イッチー

うん、そうだね🎶その方が作業しやすいね✨

 

と、2人でベッドのバネが入っているクッション部分を持ち上げようとした時、

 

イッチー
イッチー

うーん‼️うーん‼️ゆきえ、力入れて‼️

 

ゆきえ
ゆきえ

よいしょ‼️よいしょ‼️持ち上がらないね〜😰

 

ベッドのクッションは持つ所が無くて手が滑って持ちにくく、2人では少ししか持ち上げられませんでした。

 

イッチー
イッチー

あっ、そだ‼️少し持ち上げた所に本とか挟んで徐々に持ち上げよう🎶

 

ゆきえ
ゆきえ

おぉー‼️イッチーさすがアッタマイィ〜🎶

 

ベッドの近くに本を持ってきて、2人で力いっぱいクッションを持ち上げ、

イッチー
イッチー

ふんぬーーーーーー‼️‼️

ゆきえ
ゆきえ

ぬあああああああ‼️‼️‼️

 

イッチー
イッチー

ゆきえ‼️今‼️今、本を入れて‼️

 

ゆきえ
ゆきえ

うん、わかった‼️

 

と、ゆきえが本を取ろうとしたんですが、本まで遠すぎて取る事が出来ず、
本を取ろうとしているけど手が届かない、「パブロフの犬」状態になっているゆきえを見て、

 

イッチー
イッチー

あっはっはwwwwwゆきえwwwあっはっはwww

と、急に笑いが込み上げてきて、力が入らなくなってしまいました。
と、同時に、クッションを持ち上げる時にクッションとベッドの骨組みの間に足入れていたので、笑いでクッションを下ろしてしまい、足が挟まって、

 

イッチー
イッチー

ゆきえwww痛い痛いwww足がwww早く助けてwww🤣🤣🤣

足が挟まれ横たわりながら笑う私。

 

 

どう見てもアホです。

 

 

それを見たゆきえも

ゆきえ
ゆきえ

あっはっはwwwwイッチーなにやってんのwwwあっはっはもうダメ重いwwww

 

と、2人は完全にベッドに足を喰われたまま横たわり、ゲラゲラと笑い転げてじたばたしていました。

 

 

完全にアホです。

 

 

笑いで体力の80%を持っていかれた2人は、脱出出来ずに少しの間スタミナが回復するまで近くにあった、というか用意していた古い雑誌を読みながら「そういえば、こういうのあったね‼️」と話しながらワイワイしていました。

 

足を挟まれながら。

 

30分位雑誌を読みながらスタミナを回復させた2人は、足を挟まれたまま立ち上がり、クッションを全力で持ち上げ、足を抜き、そっとクッションを元に戻しました。

最初の状態と何ら変わらない様子の部屋を見ながら、

 

イッチー
イッチー

ヨシ‼️ゆきえ、また今度にしよう🎶

ゆきえ
ゆきえ

あっはっは(笑)そうだね、これは今のままじゃ無理だね🤣

 

といいながら、部屋の電気を消し、そっとドアを閉めたイッチーとゆきえです😓

※なんだったんだ・・・

 

さて、今回は爽快なメンソール香る、チェ メンソールのレビューをしていきたいと思います♪

 

尚、比較としてコンダクションモデルのCVAPOR3.0コンベクションモデルのFENIX+両方で試していきたいと思います。

各レビューを見たい方はこちら↓

 

 

シャグの情報

名称 che Menthol(チェ メンソール チェ 緑)
内容量 25g
巻紙 Rebel 50枚入り レギュラー スローバーニング
着香 着香系(メンソール)
価格 600円
グラム単価 24円/g
※私の吸い方で一回に詰めるシャグが0.4gで、一個につき2セッション吸うので一日に10回詰め替える(たばこ20本分)と一日4g=96円で吸える計算になります

無添加たばこの代名詞、チェ。

銘柄の名前にもなっているチェは、キューバのゲリラ指導者、チェ・ゲバラ(本名エルネスト・ゲバラ)の事で、チェとはアルゼンチンの方言で「お前(親しい感じの)」、「やぁ!」「ダチ」といった砕けた表現で、ゲバラが初対面の人に「チェ、エルネスト・ゲバラだ。」と言っていたことから、キューバ人から「チェ」の発音を面白がり付けたあだ名との事です。(キューバ人はチェの言葉を使わない)

ご存知の通り、ゲバラはキューバの英雄なので、その有名なゲバラの名前をパッケージにしたのが由来とされています。

 

そのチェのメンソールバージョンで、チェ緑も絶大な人気を誇ります。

たばこ葉はルクセンブルク産の

・バーレー葉
・バージニア葉
・メリーランド葉
・オリエント葉
を贅沢にブレンドし、甘くまろやかな喫味を実現しています。
 
 
 
パッケージにはゲバラの凛々しい顔が描かれています。
何を見ているんでしょうね😊
 
 
 
 
チェはハンドストリップという職人達の手作業でたばこ葉の中骨(ステム)を除去しています。
相当大変な作業ですね😱
 
 
 

巻紙はRebelのスローバーニング紙が付属しています。

この巻紙、付属紙にしてはすごく優秀で、薄さも極薄、紙の味もあまり感じないのでファンが多いです。ホント、この巻紙一般販売してくれればいいのに(笑)

 

価格も25gで600円と購入しやすく、グラム単価だと24円平均の25円/gより安く購入できる点も魅力的です✨

 

開封してみた。

パウチをペラッとめくると巻紙が貼り付けてあります。

この巻紙、コルツシリーズの様な粘着剤とは違い、かなり強力な粘着剤でくっ付いているので、簡単に引き剥がせません(笑)

無理に剥がそうとするとパウチが破れますのでご注意ください😓

 

 

シャグの状態

シャグの状態はやや乾燥気味でパウチを開けた時は長方形型に固まっていました。

右の写真がほぐした後の状態なんですが、チョイスシリーズ位、刻みは細かいです。

職人達のハンドストリップのお陰か、ミミガー(ステム)は少ないですね😊

 

 

ヴェポライザーで吸ってみた。

 

早速ヴェポライザーで吸ってみましょう。

 

今回も喫味に違いが出てくると思いますので、

・コンダクションモデル(熱伝道式)のウィーキー社のCVAPOR3.0(シーベイパー3.0)
・コンベクションモデル(空気対流式)のウィーキー社のFENIX+(フェニックスプラス)

 

吸い方としては、

コンダクションモデルは口吸い(マウス・トゥ・ラング=MTL)
コンベクションモデルは肺吸い(ダイレクト・ラング=DL)

で、吸っていきたいと思います🎶

 

 

まずはCVAPOR3.0から

温度設定は160℃〜230℃全ての温度帯で試していきます🎶

シャグの詰め方はふんわりと詰め、0.38g詰めました🎶

 
 

MTL(マウス・トゥ・ラング)一口吸ってみると、

 

喫味はミディアムテイストで最初にメンソールの爽やかさとバージニアの甘さを感じ、ほんのちょっとだけオリエント葉の舌がピリッとする様な苦味が舌に伝わり、爽やかなメンソール感が後味に残ります。

 

キック感は、吸引時、毎回しっかりと感じられます。私はニコクラを起こしました。

 

1セッション目、1分を過ぎたあたりから後半にかけて1番の盛り上がりを見せます。
2セッション目も最後まで美味しく頂けます。

 

チョイスダブルメンソールよりメンソール感は薄めですが、葉の旨味という点ではこっちの方が美味しく感じました。

 

低い温度帯〜高温度帯全域で美味しく吸えますが、より強い喫味とキック感を楽しみたい方は高温度帯で吸われることをオススメします✨
この辺は好みで調節してみて下さい♪

 

美味しく感じた温度帯は230℃が一番美味しく感じました❤️

 

 

FENIX+で吸ってみた。

次はFENIX+で吸っていきます。

温度設定は170℃〜220℃全域で比べてみました。

 

シャグの詰め方は今回少なめになりましたがふんわり多めに詰めても良いと思います。

 

DL(ダイレクトラング)で吸ってみたところ、

低温〜高温全域でスッキリとしたメンソール感を楽しめます。

後味はメンソールとバージニア葉の甘さがほのかに舌に残ります。

低温で吸う場合、少しバージニアの青臭さが目立つので、高温の方が好きかな・・

 

キック感はCVAPOR3.0と同様、しっかりと感じました。

うん🎶美味しい✨

 

温度が高くなるにつれ、喫味とキック感は強くなりますね✨

CVAPOR3.0の方がバージニア葉の甘味を感じながら青臭さが目立たないので美味しく吸えると思います。しかし、高温度帯で比べるとどちらでも美味しく吸えるのでどちらも良い感じですね🎶

 

FENIX+はフレーバーを感じやすいのか170℃の低温だとバージニア葉特有の青臭さが出てきますので、この青臭さが嫌いな方は高温(200〜220℃)で吸われるのが良いと思います。フレーバーが比較的出やすいFENIX+だからこそ、利点が弱点になってしまいました。

 

コンベクションモデルのフレーバーを生かしつつ、かつ喫味やキック感に満足出来る温度帯は

白色220℃が一番美味しく吸えました🎶

 

 

手巻きタバコで吸ってみた。

続いて、手巻きタバコを巻き巻きして吸っていきたいと思います♪

巻紙は付属のRebelを使っていきます✨

 

火をつけて吸ってみると、

 

元々手巻き用に作られたシャグだけあって、喫味は吸引時と吐く煙にヴェポライザーで吸う時より強いメンソール感とバージニア葉本来の甘味と少し金属を舐めた様なオリエント葉の苦味を感じます。
この苦味こそタバコにはなくてはならないものでちょっと癖になる人もいると思います。

 

結構ガツンと来る喫味でかなり満足度が高いと思います。
シガレットのメンソールを吸っていた方も満足出来る喫味じゃないでしょうか。
私は途中で満足して消してしまいました😓

さすがチェ‼️と言った印象を持ちました✨

 

チェはヴェポライザーで吸っても手巻きで吸っても両方とも美味しいと思います。

 

 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

バージニア葉のコクとメンソール感のバランスのとれたシャグ、チェメンソール。

このシャグを愛して止まないファンは数え切れない程います。

 

気になった方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述