【ハイエンド高級ヴェポライザー 】Arizer Go ArGo を試してみた。

ヴェポライザー

みなさんこんにちは✨

 

友達のゆきえが前日に私の家に泊まりに来ていて、ゆきえは私の家でお留守番、私はお仕事という状態で、仕事帰りに軽く買い物を済ませ、家路についた。

 

玄関に入ると、ゆきえの靴と見た事もない知らない靴が置いてあり、

 

イッチー
イッチー

あれ、誰か来てる・・・❓

 

と思い、おそるおそるリビングのドアを開けたんです。

 

そこには、ゆきえと知らない小太りのおじさんがリビングに座っており、ニンテンドースイッチで遊んでいました。

 

イッチー
イッチー

ただいま〜。ゆきえ、その人は誰なの❓

 

ゆきえ
ゆきえ

あ、イッチーおかえり✨
この人はね、おじさんだよ🎶

 

 

イッチー
イッチー

いやwwおじさんは見れば分かるよwww
どこの誰かを聞いてるんだけどw
友達・・・❓

 

ゆきえ
ゆきえ

うーん、友達といえば友達だけど、うーんどうなんだろう・・・😓

 

詳しく聞いてみると、ゲームショップでニンテンドースイッチのソフトを選んでいる時、その辺にいたおじさんにソフトの事を聞いたら意気投合して連れてきたという。

 

イッチー
イッチー

あのー、おじさんすみません、すぐ帰ってもらって良いですか?
ココ、私の家なので居られると困るんです😰

 

太ったおじさん
太ったおじさん

いや、俺は何も悪くないけど。

 

と、ちょっと「ムッ」とした顔でニンテンドースイッチをテーブルに置きながら言ってきました。

 

イッチー
イッチー

悪いとか悪くないとかの話をしてるんじゃないんです。帰ってもらえますか❓帰らないのなら警察呼びます。

 

と言うと、知らないおじさんはすぐに出ていきました。

 

イッチー
イッチー

ゆきえ、知らない人を家に連れてきたらダメだよ。何されるかわからないよ‼️もし襲ってきたらどうするの❓ホント気を付けて‼️

 

と、ゆきえにちょっと強く言った時、さっきの恐怖感がいっぺんに来て体の震えが止まらなくなりました。

 

ゆきえ
ゆきえ

イッチー、ゴメンなさい。もうしません😰

 

 

イッチー
イッチー

うん。じゃあもう大丈夫だね。😊

いや、ゆきえが彼氏連れてきたのかと思ってさー(笑)

 

 

ゆきえ
ゆきえ

あんな人絶対にヤダ‼️‼️‼️‼️

イッチー
イッチー

じゃあなんで家に連れてきてんのwwwww

と、ゆきえの感覚がわからなくなってしまったイッチーです😓

※ホントに何も無くてよかった・・・

 

さて、今回はポータブルなのに味わい最高♪オマケにバッテリー交換式という全部入りな

ハイエンド高級ヴェポライザーのArizer Go ArGoを試していきたいと思います。

 

比較として、同じ加熱方式のFlowermate SLICKを使用しています。

Flowermate SLICKが気になる方はこちら↓

 

 

ヴェポライザーの情報

名称     :Arizer Go ArGo(アライザー ゴー アルゴ)

方式     :コンダクション+コンベクション(ハイブリッド方式)

サイズ    :24.9mm×52.7mm×83.5mm(実寸値)

重さ     :136g

バッテリー容量:3400mAh(18650バッテリー交換式)

温度設定範囲 :50℃~220℃の1℃刻みで設定可能

喫煙時間   :5分〜15分の範囲を1分刻みで変更可能

喫煙回数   :充電MAX状態から5分モードで約18セッション
        10分モードで約9セッション(連続使用で90分間使用可能)

加熱時間   :220℃到達まで約1分50秒

充電時間   :3時間

金額     :27,980円(税込) ※2019年7月現在

Arizer社のコンパクトモデルのハイエンド高級ヴェポライザーArizer Go ArGo。
 
名前の「ArGo」は、「Arizer Go」をとって付けられています。
名前でわかる様に「GO」=外に持ち出そう‼️という意味合いで付けられています
 
同社でsolo2やAirとライナップされていますが、ガラス管が本体から飛び出ており、外出先でガラス管を割ってしまう方が多いとの情報を得ていました。
 
しかし、今回のGo ArGoはArizer社ウリの喫味の良いガラス管を採用していますが、
本体内にスッポリと収納できる為、
何かの拍子に謝ってガラス管を割ってしまう心配はありません✨
 
 
 
 
方式は、葉をチャンバーで直接温めるコンダクション方式と、あらかじめ別の部屋で温めた空気を葉っぱに通して温めるコンベクション方式の2つの方式を持ったハイブリッド方式を採用しています。
 
ハイブリッド方式は喫味、キック感が強く、ヘビーユーザーでも満足感の高い方式だと思います。
一見最強に思えますが、若干吸い方にコツが要りますので、吸い方についても後述していきますね♪
 
 
 
バッテリーは交換式なので、セッション数を気にする方には最強のヴェポライザーだと思います✨
 
 
 
価格は27,980円とヴェポライザーでは高額なハイエンドモデルとなっておりますが、
吸ってみたらこの価格も納得すると思います。
 
ZEUS ARC GTの時と同じ様に、最初この価格を見た時、
イッチー
イッチー

うーん、高いなぁ・・・

と思いましたが、吸った後にこの価格を考えたときは、
イッチー
イッチー

この喫味なら納得だね✨

に変わっていました。

 

 

購入の動機はArizer社のヴェポライザーのガラスチューブの喫味に興味があったのと、

本体を押し下げて吸うギミックに惹かれて購入しました🎶

あとはバッテリー交換式で清掃が簡単というのも購入動機の1つです❤️

 

 

さっ、しのごの言わずとりあえず開封していきましょうか‼️

 

 

開封してみた。

パッケージはブラックのつや消しの高級感のある箱に入っています。

最初、この箱を見た時、

イッチー
イッチー

デカッ‼️‼️‼️

と思いました。

ちょっと見て下さいよw

右の箱は見てわかる通りFENIX+の箱なんですが、FENIX+の箱もまぁまぁ大きいんですけど、

FENIX+の箱を横にしたら2倍くらい大きい箱に入っています。

イッチー
イッチー

なんでこんなに大きいの?

と思いましたが、中身を見て納得しました(笑)

 

 

パッケージのデザインを舐め回す様に見ていきましょう♪

なんか文字から煙が出ている様なデザインですごくカッコいいですよね✨

このデザインのステッカー欲しいなぁ〜❤️って素直に思いました。

後ろにシリアルが書いてあったので、一応伏せています(笑)

 

 

いきなりジャーン‼️って出てきましたけど

うわー‼️めっちゃカッコいい😆

写真で見るより、実際に見た時のこの感動、皆さんにも味あわせてあげたいです🎶

この箱、金属の入れ物に入っている高級クッキーの様に下にも色々入ってるんです。

 

 

本体が入っている部分を持ち上げると下から色々わんさか出てきます♪

この下からドンドン出てくる感じ、カラクリ仕掛けの箱を開ける様で、すごくワクワクします😊

 

 

セット内容

セット内容は左上から

・ArGo本体
・専用キャリーケース
・ステッカー
・オーナーズマニュアル
・ガラスアロマチューブ:2個
・パッキングツール
・ガラスアロマチューブシリコンキャップ:2個
・ステンレススクリーンメッシュ:4個
・MicroUSBケーブル
・USBコンセントアダプタ
・18650バッテリー(2600mAh):本体に入っています
が同梱されています。
 
めちゃめちゃ多くないですか?
ハイエンドモデルの充実したセット内容に驚きを隠せません(笑)
やったー‼️ステッカー入ってる❤️
 
 

ArGo本体の詳細

前面。

本体の詳細を見ていきましょう♪

 

前面は液晶と3ボタン構成。液晶画面には保護フィルムが貼ってあります。

この保護フィルム。剥がしたくありません(笑)

皆さんは剥がす派ですか❓😊

 

本体の質感については、全体的にABS樹脂の様なプラスチック素材ですが、安っぽさはありません。

下面にはラバーコーティングが施されていて、持った時の滑り止めになっています。

 

 

リフトアップギミックがすごい

背面。

裏面にはボタンが1つ付いています。

このボタンを押すと、上面がスライドするギミックになっていて、

リフトアップ時はガラスアロマチューブを保護出来るようになっています。

喫煙時に押し下げて使用出来ます。

 

この作り、簡単に考えれそうでなかなか思い浮かびませんよね🎶

素直に感心しました。そしてこのギミックが、メカを扱っている様でカッコイイ‼️

 
 
 

側面にUSB接続口搭載

MicroUSBが右側面に搭載されています。

 

 

チャンバーが殆ど汚れない作りになっている

本体の上面はこんな感じ。

上から覗くとチャンバー部分が見えます。

このArGoはガラスチューブにシャグを入れるので、チャンバー自体が殆ど汚れない構造になっており、メンテナンスが殆ど要らないのも良い所だと思います🎶

ガラスアロマチューブから落ちたシャグは本体を逆さまにして軽く叩くと綺麗になります。

 

 

 

18650規格2600mAhバッテリー

底部にはバッテリーの開閉口が搭載されており、ツマミをスライドする事でロックが外れる仕組みになっています。

この18650規格のバッテリーはパナソニックのもので日本製です🎶

amazonで2本2000円くらいで購入可能みたいです✨

 

 

ガラスアロマチューブの詳細

ガラスアロマチューブは2本付属してきます。

写真3枚目の部分にシャグを詰めます。

ガラスアロマチューブは名前のとおりガラス製なので、落としたり乱暴に扱うと割れますので十分注意して下さい。

 

 

専用キャリーケースの詳細

このArGo、専用のキャリーケースが付属しています。

裏側に合皮が貼ってあり、ベルトにつけて歩いた時に擦れて磨耗しない様に設計されています。

 

左右にガラスアロマチューブを2個入れれる様になっていて、なんかSWAT部隊が付けていそうなカッコイイケースになっています。ショットガンの弾薬を入れるやつみたいですごくワクワクしますね😊

このケースからArGoを取り出し、スマートにガラスアロマチューブを装填する人が居たらちょっとドキッとしそうです❤️

 

 

パッキングツールがいちいちカッコイイ

殆どのヴェポライザーに付属しているパッキングツールですが、ここまでこだわって作られているパッキングツールを見た事がありません。※この形のPTで

ただ、ケースに入れただけですが、このワザワザ感が好感持てますね♪

 

充電時の注意点

USBケーブルと充電器が付属してきます。

充電器側の記載には出力が1.5Aとなっており、USBケーブルのタグの記載には、

「1.3A以上で充電してください。パソコンからの充電は推奨されていません」

と書いてあります。

素直に付属の充電器(1.5A)で充電しましょう。

 

マニュアルが外国語で日本語に対応していない

このArGoのオーナーズマニュアルは英語・フランス語・ドイツ語に対応していますが、日本語には非対応です。

しかし、このブログの内容で大体の事が網羅されていますので、読めなくても大丈夫です🎶

マニュアルを読まず、この記事を熟読してください(笑)

 

 

本体の大きさを比較してみた。

本体の大きさを比較してみました。

高さでいうとXmax AVANTより小さく、ZEUSより大きいですね。

幅はFENIX+と同じくらいかちょっと小さいくらいです。

 

全体的な大きさとしてFENIXminiと同じ位の大きさですね。

すごくコンパクトだと思います🎶

 

シガレットのタバコのサイズと同じくらいの大きさです😊

これなら持ち運びに邪魔になりませんよね✨

 

 

Arizer Go ArGoで吸ってみた。

Arizer Go ArGoで吸っていきたいと思います。

吸っていくシャグは非着香の「チェ赤」と、着香系のチョイスダブルアップルを選んでみました🎶

 

価格帯が違いますが、加熱方式が同じなので比較としてFlowermate SLICKを使用していきます😊

 

 

 

ガラスアロマチューブにシャグを詰めていきますが、

あまり詰め詰めしすぎるとドローが重くなって吸えなくなってしまいますので、ふんわり多めで詰めていきます。パッキングツールで圧縮してしまうと吸えなくなってしまいますので、指で押すくらいで丁度良いと思います🎶

後、ガラスアロマチューブにシャグを入れてから本体に装着する時、シャグが若干溢れますので、
本体を逆さまにして装着するとシャグが溢れず上手く出来ると思います♪脱着の時も同様です😊

 

詰めたシャグを測ってみると0.28gでした。

 

ガラスアロマチューブは写真の様にセットします。

2枚目の状態で刺す時に抵抗がありますので、親指でゆっくり押し込む様にしてあげると入っていきます。3枚目の状態で装着完了です。

 

本体正面のmボタンを同時に押し続けるとカウントダウンが始まります。

半分くらいしか見えていませんが、今6の状態でこのカウントが0になると「ピー‼️」と鳴って加熱が始まります。「Hi」とニコちゃんマークが挨拶してきて可愛いですね😆
カウントダウンが0になるまでmは押しっぱなしにしてくださいね😊

 

設定温度は170℃、190℃、200℃、220℃と試していきます。

設定温度に達した時「ピッピッ‼️」とお知らせしてくれます✨

 

一口吸った時、

イッチー
イッチー

うん❓なんかあんまり味がしない・・・

 

このヴェポライザーは加熱到達直後にはあまり味がせず、加熱到達時から1分程でようやく味が出てきます。なので、とりあえず先に電源オンにしておいて、シャグをしまったり、その辺を片付けたりしているとちょうど良い時間になると思います♪

 

吸い方は、ゆっくり5〜7秒くらいかけて吸入します。

ゆっくり吸い込んでいくと、最初に下に伝わる甘いタバコ葉本来の味を感じ、ちょっと遅れて喉にかかる圧(キック感)が喉に伝わってきます。

吸い込む空気がとてもクリアーで、口の中にたばこ葉の甘い香りが広がり、とても美味しく吸えます。

コンダクションモデルのダイレクトな喫味にコンベクションモデルのクリアーなフレーバーが同時に楽しめ、すごく満足感が高いと思います。

 

SLICKで懸念されたイガイガ感が無いのが不思議なくらいで、喫味やフレーバーもクリアーで段違いに美味しいです。

 

ガラスアロマチューブから入ってくる空気も適度なドローで私は好きです✨

 

チェ赤の甘みやキック感を一番楽しめる温度は200℃
チョイスダブルアップルのりんごのフレーバーやキック感を一番楽しめる温度は180℃

がちょうど良く感じました✨

 

キック感が欲しい方は温度を上げ、フレーバーを楽しみたい方は温度を下げながら
自分の好みの温度帯を見つけてみてください❤️

 

このArGoでは5分の喫煙時間は短く感じ、15分だと長く感じるので、私は10分に設定しています😊

 

この機種はあまりスパスパ吸うと味がしなくなりますので、一回吸った後、適度に時間をおきながら吸うとより楽しめます。

 

喫煙後、ガラスアロマチューブを抜く時、結構力を入れないと抜けないので、

ガラスアロマチューブを回しながら抜くと簡単に抜けます🎶

 

 

後、喫煙時に思ったんですが、本体向かって右下部分のチャンバー部分が熱くなります。

ガラスアロマチューブを手前側にして吸うと熱くないので持ち方で工夫してみて下さいね✨

 

 

吸った後のシャグの状態

喫煙後のシャグの状態です。

全体的に熱が均等に通っていますね。

 

あと、このArGo、シャグポンが今までで一番やりやすいです。

ガラスアロマチューブを傾けるだけでシャグが「コロン♪」と出てきます。

喫煙直後のガラスアロマチューブは大変高温になっていますので、ご注意下さい❗️
 
 

各メニュー設定

起動時にmボタンを押すと各設定が変更できます。

・最初の起動時と喫煙終了を知らせる音の大きさの設定(Low・Med・High)
・設定温度に到達した時の音の設定(Low・Med・High)
・喫煙時間の設定(5分~15分の1分刻みで変更可)
・華氏と摂氏の設定(華氏・摂氏)
・液晶の明度の設定(Low・Med・High)
・カウントダウンの設定(2秒・4秒・6秒・8秒)
設定を終えた後はそのまましておくと設定が決定されます。
 
 
 

チャンバー径の大きさ

 
チャンバー径じゃなく、ガラスアロマチューブの内径になりますが、9.4mmでした。
 
チャンバー径参考
・FENIX+      :13mm
・FENIX MINI:10.85mm
・CVAPOR     :10mm
Arizer ArGo :9.4mm
・Pith             :8.9mm
・AI-PRIME    :8.9mm
・Herbva5G    :8.8mm
・RedFire        :8.7mm
・AVANT         :16.7mm×7.3mm(長穴)
・STARRY3.0  :17.75mm×8.5mm(楕円)
 

クリーニングの方法

約10セッション程喫煙した直後のガラスアロマチューブですが、かなりニコチンが溜まっています。

無水アルコールを湿らせた綿棒で掃除するか、近くに水道がある場合は水洗いして下さい。

本体側のチャンバーも綿棒で清掃しましたが、ほぼ汚れていませんでした。

 

清掃後、水分を拭き取ってからご使用下さい。

ガラスアロマチューブは完全に冷めてから清掃して下さい。
 
 

ガラスアロマチューブ取扱時の注意点

ガラスアロマチューブはガラス製なので、取り扱いに十分注意して下さい。

私は、シャグを詰める時にガラスチューブが机からコロコロ転がって行き、地面に落として割る所でした・・・

なるべくトレーの上か、ヴェポライザーを持ち歩くポーチの中に入れる等して落とさない様に保護してあげて下さい。

 

もし、破損してしまった場合、販売店さんにガラスチューブのみの販売も行っているみたいです。

 

購入できる販売店

※各サイトに飛びますのでご注意下さい

 

VAPONAVI           調査時27,980円(送料無料) 

Amazon     調査時33,980円(送料無料)

 

※価格が安い順で表示しております

 

評価

扱いやすさ:★★★★☆
喫味   :★★★★★
キック感 :★★★★★
携帯性  :★★★★★
質感   :★★★★☆
電池の持ち:★★★★★
総合評価 :★★★★★
 
扱いやすさは3ボタンでmボタン+ボタン−ボタンで構成されています。
慣れてしまえば扱いやすいと思いますが、電源を入れる時にmボタンと+ボタンを同時押しという所が最初慣れるまではわからないので星を減らしました。
 
 
喫味はヴェポライザーでも1、2を争う位の美味しさだと思います。
シャグの本当の美味しさを知る事が出来ます。
 
キック感もこれ以上無い位の満足感。ニコクラ必至。
 
携帯性は取り外し可能なバッテリーを搭載している割にはコンパクトで持ちやすく、外出時の際ガラスアロマチューブが割れないようにリフトアップのギミックで工夫されているので良いと思います。
ただ、持ち歩いて傷を付けたくないので、まだ持ち歩いていません(笑)
 
質感はABS樹脂の様なプラスチック製だけどラバーコーティングが施されていて良い印象。
液晶も見やすく好印象です。ただ、やはりプラスチックの安っぽさ感は多少出ているので星を減らしました。
 
電池の持ちはバッテリー交換式でパーフェクト。5分喫煙で約18回、10分で9回吸えれば大満足です。

 
総合評価は星5にしました。
満足度の極めて高い喫味とキック感。非着香、着香とどちらを吸っても美味しく感じます。
見やすい液晶画面も評価が高いです。
高級感溢れる付属品の数々、リフトアップのギミックと通常の1万円前後のモデルと比べても比較にならないくらいハイエンドで、約3万円の価格に相応しいのではないでしょうか。
もし、このモデルが壊れたら、私はまた購入するでしょう。
家ではこのArizer Go ArGoとZEUS ARC GTを併用すると思います。
 
 
 
 

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

コンパクトなバッテリー交換式のギミックが楽しいArizer Go ArGo。

 

この喫味を知ってしまうと、もう他のエントリー機には戻れなくなってしまうかも⁉️

 

資金に余裕があれば是非試してほしいヴェポライザーです❤️

 

気になった方は試してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

私、イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」とお願いします🙇‍♀️

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

コメント

  1. ノブ より:

    いつも楽しく拝見させて頂いてます。シャグの喫味の比較は、cvaporとPHENIXでの評価が多いいと見受けられますが、その他の機種の喫味も合わせて紹介されると、ヴポライザーに合うシャグを見つけるのではなく、好きなシャグに合わせてヴポライザーを選ぶ参考になると思います。
    初心者な上に、機械に疎い者なのでよろしくお願いいたします。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述