【シャグレビュー】キャプテンブラック チェリーを試してみた。

シャグ

みなさんこんにちは✨

 

先日、いつものたばこ屋さんに行った時、

 

たばこ屋さんの横に併設されている喫煙室があるんですけど、そこに寄ってからたばこ屋さんに入ろうと思い、室内に入り、FENIX+で吸っていたんです。

 

数分経った位の時に、うんちく侍の店長の姿がドアのすりガラス越しに見え、何やら隠れるようにしてかがんで後ろ姿の状態でゆっくり入ってきました。

 

イッチー
イッチー

店長!!こんにちは!

 

店長
店長

うお!!!びっりした~!もぉ~おどろかさないでょぉ~~うぅん~🎶

と、両手でグーを組み左右にフリフリしながら体をクネクネしていました。

 

その姿がオカマの様で気持ち悪かったので、私は苦い薬を飲んだ様な顔で店長を無言で見つめていました。

 

店長
店長

なんでそんな顔するのよぉ〜〜😭
イッチーさん!そういえば、ヴェポライザーまた入荷してるので見ていってね🎶出来れば買っていってね❣️

 

と、言われたので、苦い薬の後味が悪い顔でFENIX+の電源を切り、店内に見に行ってみるとヴェポライザーの種類がかなり増えてました。

 

以前はCVAPOR3.0しか無かったのに、パッと見ただけで5種類位はラインナップされていました。

 

イッチー
イッチー

店長、こんなにヴェポライザー仕入れてまた奥さんに怒られますよ?
この前もキムチのタレこぼしてめっちゃ絞られてたじゃないですか!

 

 

店長
店長

あぁん〜🎶それを言っちゃダメよ〜ダメダメwww
キムチのパック落として中身全部出ちゃったよね〜(笑)
お母さん(奥さん)に絞られた後、俺はキムチの汁を雑巾で拭き取って絞ったけどね(笑)
そんなことはどうでも良いんだけど、一応他のお客さんにも仕入れてくれって要望もあったから仕入れたんだよね。

店長
店長

でさ、どれが一番売れるの?

イッチー
イッチー

いやwww私より知ってるでしょwww

 

と、言って近くのライバル店に行こうと思いましたが、私なりに詳しく教えてあげたイッチーです😓

 

さて、今回は強いさくらんぼの香りがクセになる、キャプテンブラック チェリー🍒を紹介していきたいと思います✨

 

尚、比較用にCVAPOR3.0とFENIX+を使用しています。

各レビューを見たい方はこちら↓

 

シャグの情報

名称:Captain Black CHERRY(キャプテン ブラック チェリー)

内容量:30g

巻紙 : レギュラー ミディアムバーニング

価格 :800円(税込)

g単価:26.7円
※私の吸い方で一回に詰めるシャグが0.4gで、一個につき2セッション吸うので一日に10回詰め替える(たばこ20本分)と一日4g=106.8円で吸える計算になります

バージニア葉、バーレー葉と吸湿性に富むオリエント葉のブレンド葉で構成されています。

 

巻紙はミディアムバーニングの巻紙で、紙厚は厚くもなく薄くもなく普通といった感じ。

コルツの付属の巻紙にそっくりです。もしかしたら中身は同じかもしれません。

 

パッケージの上の方に荒波に揉まれながら颯爽と風を切って走る帆船の絵が描かれています。

全てのマストに横帆がついているのでシップ船でしょうか。

見た感じ、いかにも海賊が乗っていそうな船で、甲板で海賊が荒れ狂うようにして戦闘を繰り広げている光景が浮かびます。

 

開封してみた

パウチを開けると広がるチェリーの香り。もう、ホント広がる広がるチェリーの匂い。

本物のチェリーというよりは、車の芳香剤にあるような人工のチェリーの香りがします。
この香り、好きな人多いんじゃないでしょうか。私は好きです(笑)

 

そして、惜しげも無く使われている海賊船のワンポイント。
この海賊船のマークがウリなんでしょうね♪

 

 

シャグの加湿状態は「もうこのまま吸えるんじゃないの?」というくらい加湿された状態です。

少々過加湿気味かな・・・シャグを指で潰すとかなり潰れます。

ヴェポライザーや、手巻きで吸う時、シャグが余計に入ってしまいそうです。

 

 

刻みは普通で、ハンドストリップという職人の手作業でステム(茎)を除去している手間のかかっているシャグです。確かにステムが殆ど入っていませんね。

 

 

ヴェポライザーで吸ってみた

まずはヴェポライザーで吸ってみたいと思います。

喫味の比較をする為、

・コンベクションモデル(熱対流式)のFENIX
・コンダクションモデル(熱伝導式)のCVAPOR3.0

の2台で試して行きたいと思います。

 

まずはCVAPOR3.0から

シャグを詰めすぎないようにふわっと・・・と思いながら詰めていくと、
過加湿状態のシャグはメチャメチャ詰まっていきます😓

 

皆さんはシャグを詰めすぎないようにして下さい。
シャグを詰めすぎると空気の通り(ドロー)が重くなって、吸えなくなってしまいますのでご注意を。

 

詰めすぎのシャグを計ったら・・・

0.6gも詰めていました。
普段の倍量詰めてますね😅

 

設定温度は220度で吸っていきます。

加熱途中、チェリーの香りが広がります。

 

一口吸った瞬間、口の中にチェリーの香りが広がり、鼻を抜ける時に甘味を感じます。
鼻から抜けた蒸気の匂いをさらに嗅ぐと、砂糖を煮た時の様な甘い匂いがします。

後、蒸気を吐いたすぐあとに、微かにチェリーの皮の渋味を感じます。
同時にバージニア葉の芳醇で深みのある喫味も味わえます。

喫味は比較的軽くライトテイストでキック感はガツン!と来る感じではなく、コンダクションのダイレクトさはありますが、若干弱め。1セッション中盤からキック感は強くなってきて、2セッション目の中盤までキック感を感じました。

 

イッチー
イッチー

このシャグ、ファンが多いのは何故だろう?

と買う時に考えていましたが、吸ってわかりました。

 

生シャグの美味しそうなチェーリーの香りに始まり、舌に伝わる甘味、蒸気を吐いた時の渋み。そしてバージニア葉の豊かな喫味。

 

吸えば吸うほど深さが舌に伝わってきて、また吸いたくなってきます。

 

2セッション目もチェリー感は若干落ちますが、最後まで美味しく吸えました。

 

FENIX+でも吸ってみた

さっきのCVAPOR3.0の時のシャグの詰めすぎの教訓を生かし、そ〜っとシャグを詰めていきましたが、やはり詰めすぎました(笑)

 

0.6g。うん詰めすぎですね(笑)

 

設定温度はCVAPOR3.0と同じ220℃(白色)で吸っていきます。

 

一口吸った瞬間、CVAPOR3.0よりも強いチェリー感を感じます。
コンベクションモデルならではのクリアーな味わいで、まろやかな印象です。

チェリーの香り、チェリー感、喫味はCVAPOR3.0より強く、喫味もFENIX+の方が美味しいです。

キック感も常時感じており、FENIX+はこの価格帯では最強と言える出来でしょう。美味しい。

この「クリアーな」という表現は、決して「薄い」という事ではなく、蒸気の粒子が細かく感じ、
味が丸いイメージで、味は濃く出ています。

1セッション中盤から後半、煙の量がCVAPOR3.0を上回り、ニコクラが訪れました。

ニコクラで2セッション目は時間を置いてからトライ。

2セッション目でも味は比較的薄くならずに美味しく楽しめました。

1セッション目の喫味、味の濃さを0〜10の10で表現するなら、2セッション目は8くらいの感じ。3セッション目も行けそうなくらいですが、メーカーが推奨していないのでここで終了。

 

吸った後のシャグの状態

吸った後のシャグの状態。

今回過加湿状態でのシャグ詰めだったんですが、このコロコロしたシャグを触ってみてわかりました。

めちゃめちゃ詰まってる!!

指で押しても押し戻してくるくらい硬かったですが潰してみました。

FENIX+は均等に熱が伝わっています。
それに比べてCVAPOR3.0はやや熱ムラがある印象です。

 

と、ここで気がつきました。

 

ミミガー、居たんかい!!w

焼き豚になっていました(笑)

 

 

CVAPOR3.0とFENIX+を比較した感想

今回はFENIX+が全てにおいて圧勝で、CVAPOR3.0の良い所が見つけられませんでした。

これまでコンダクションモデルのCVAPOR3.0、コンベクションモデルのFENIX+と比較してきましたが、FENIX+が神の領域に達していて、喫味や満足感大幅に超えてきていますので、次回からCVAPOR3.0を別のコンダクションモデルに変更いたします。皆さんが購入しやすい価格帯のモデルに変更しますので、次回をお楽しみに😊

 

手巻きたばこで吸ってみた

 

手巻きたばこで巻いて試してみました。

巻紙は付属のミディアムバーニングの巻紙で巻いてみました。

 

一口吸ってみた時にすぐにわかるのがヴェポライザーと比べてチェリー感が薄い点。

チェリーの味はするんですけど、ほのかに香る程度。

 

でも、バージニアとバーレー葉の喫味は手巻きの方がわかりやすいですね。

バージニア葉とバーレー葉のブレンドの良さなのか、喫味に芳醇さを感じます。

煙にチェリーの香りが混ざっていて、後味の舌に残るチェリー感と相まって満足度は高いです。

 

後、この付属の巻紙、コルツの付属の巻紙と同じ味がします。加えた時の唇に当たる感じや紙の燃え方、紙の味全く同じです。もしかして中身同じ!?

 

 

ヴェポライザーと手巻きたばこを比較して

・全体的にチェリー感を楽しみたい方はヴェポライザー。
・葉っぱの本来の喫味を楽しみたい方は手巻きたばこ。

といった感じで、両方良い所を持っているキャプテンブラック。

気分に応じて吸いわけてみても良いかもしれませんね✨

 

最後に

いかがだったでしょうか。

 

チェリーの香りがとにかく強いキャプテンブラック チェリー。
喫煙室で吸ったら周りの人も振り返るかも!?

 

チェリー好きな方、キャプテンブラックおすすめしますよ♪

気になった方は試してみてはいかがでしょうか✨

 

それじゃまたね🎶

 

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述