【ヴェポライザー】電池交換式でバッテリー切れも怖くない!Flowermate Slickをレビューしてみた。

ヴェポライザー

皆さんこんにちは✨

 

ある日の土曜日の午前中、寝室を本格的に片付けて模様替えをしようと思い、大掃除を始めたんです。
ある程度部屋の物をまとめてクローゼットを開けると、

 

イッチー
イッチー

あ、懐かし〜〜🎶ニンテンドー64がある〜〜✨

 

と、懐かしんで64の箱をクローゼットから引っ張り出し、中を開けてみると、ほぼ完品で入っており、一気にテンションが上がりました。

リビングに64を頭の上に乗せて持っていき、テレビに接続し、あと電源を入れるだけの状態にした時、

 

イッチー
イッチー

あ、カセットどこだっけ・・・確かマリオ64とかマリオカート64があったはず・・・

 

と、走って寝室に戻り、クローゼットの中を探したんですが、肝心なカセットが見つかりません。

 

イッチー
イッチー

あれ〜。。クローゼットにしまったハズなのに・・・

 

と、クローゼットの中に入っている荷物を全てベッドの上に出しながら探しましたがありません。

 

イッチー
イッチー

あっ、そうだ!服の乾燥室に使ってるお部屋にしまってあるかも・・・

 

と、ダッシュで乾燥室に使っているお部屋まで行こうとした時、ぬいぐるみを入れた透明のゴミ袋に足を引っ張られ、顔から地面とお友達になってしまいました😭

 

顔がジンジンして涙目になりながら乾燥室へダッシュで行き、乾燥室のクローゼットを勢いよく開けると、
見た感じありそうになかったので、全ての荷物を室内に出して探しましたが、カセットはありません。

 

イッチー
イッチー

ここに無いならもう無いんだよね・・・捨てちゃったかなぁ。でも絶対捨ててないからどっかにあると思うんだけどなぁ。

 

と、絶対無いハズなのに冷蔵庫を開けて見たりして考えていると、そういえば、ゆきえの家に行った時、カセットを置いて帰った記憶が脳裏をよぎりました。

 

ゆきえにすぐ電話して、、、

 

Now Loading………..

 

ゆきえ
ゆきえ

はーい、どうしたの?暇してたよ♪

イッチー
イッチー

ゆきえ、ごめーん、かなり前に64のカセット、ゆきえん家に置いて帰ったよね?

ゆきえ
ゆきえ

多分あると思うからちょっと探して持って行くねー✨バイバーイ!

 

ゆきえの電話を切って2時間後、、、まだ来ないのでもう一度電話をしたら、

 

ゆきえ
ゆきえ

イッチー、ゴメーン。探してるんだけど無いんだよねー。もうちょっとかかるかも・・・

イッチー
イッチー

結構前だからね・・・ごめんね探させて、私もそっち行くよー。

と、音速で準備して走ってゆきえの家まで行きました。※走って5分くらいの距離にあります

 

ゆきえの家に到着して家に上がると、ゆきえの部屋はテレビでよく見るゴミ屋敷の様に物が溢れかえっていました。

イッチー
イッチー

ゆきえ、大丈夫?すごい物が散乱してるけど・・・

ゆきえ
ゆきえ

うん、探したけどなかったんだよね・・・

イッチー
イッチー

ごめんねー、探させて😓もうカセットはいいからちょっと片付けよ😰

と、ゆきえの家を片付け始めました。

3時間くらいかけて3部屋全ての部屋を綺麗に片付けたあと、

ゆきえ
ゆきえ

イッチーありがとう助かったよ🎶散らかってたから本格的に片づけたかったんだよね✨
お腹すいたからご飯食べに行こー?

 

と時計を見るともう20時で、私のお腹も猛獣の様な鳴き声がしていたので、
近くのパスタ屋さんに行き、パスタを存分に楽しみました。

 

ゆきえ
ゆきえ

今日は大変だったけど楽しかったね🎶また明日遊ぼうねーバイバーイ🙌

 

と、ゆきえと別れた後、私も家路につきました。

 

「ハァ〜今日は疲れたなぁ〜😓」とクタクタになりながら廊下を抜けリビングに入ると、
午前中に散らかした物の山が・・・

イッチー
イッチー

うわああああああああ😭😭😭

パスタを食べていた頃には自分の家もグチャグチャにした事を忘れていて、
一瞬気を失いかけましたが夜中の2時くらいまでかけて掃除して泥の様に眠ったイッチーです😭
※後日ゆきえから連絡があり、カセット10本ほど、トイレの室内の上の方の開き戸から見つかったと連絡がありました。

どこ入れてるんだよwwwww

 

さて、今回は電池交換でバッテリー問題を解消したFlowermateのSlickをレビューして行きたいと思います✨

 

 

レビューするにあたって、比較用にCVAPOR3.0と比べてみました。

 

CVAPOR3.0のレビューはこちら↓

 

 

ヴェポライザーの情報

名称     :Flowermate Slick(フラワーメイト スリック)

方式     :空気対流式&熱伝導式のハイブリッド式

サイズ    :(全長)159.2mm×(径)25.2mm

バッテリー容量:2500mAh(18650バッテリー)

重量     :146g(バッテリー装着時)

温度設定範囲 :185℃、195℃、205℃、215℃、225℃(色判別の5段階)

喫煙時間   :5分間

喫煙回数   :満充電から約13セッション〜15セッション

ヴェポライザー界では有名で定評のあるFlowermate社のヴェポライザー。

 

コンダクションコンベクションヒーター2つの方式を内蔵したハイブリッドモデルで、
コンダクションモデルのダイレクト感、キック感とコンベクションモデルのクリアーな味わいと、両者の良い所を取ったモデル。

 

前回のモデルは3段階の温度設定でしたが、今回日本仕様モデルで5段階の温度調整が可能になりました。

 

後、今回のウリの一つでもある18650バッテリー交換式で、電池を複数持っていたらバッテリー問題が解消されるという夢の様なモデルです。VAPEを持っている方は18650のバッテリーを所持している方は多いのでは無いでしょうか。

 

喫煙時間は5分とFENIXと同じ時間吸えます。CVAPOR3.0の4分より1分長いですね。

 

 

早速開封!

 

 

シンプルなパッケージですが、よく見ると唐草模様の様な模様が全体に印刷されていて
高級感溢れています。

 

この「5」となっているモデルが温度設定が5段階モデルの証です。
細かく温度を調整できるのはやっぱり嬉しいですよね✨

 

パッケージの左上に葉っぱが燃えているイメージが描かれています。
最初ぱっと見たとき、桃かと思いました(笑)

 

この新しいビニールを開ける感覚、なんとも言えないワクワク感がありますよね(笑)

 

「パカッ♪」と開けるとスリックの頭がお布団で寝ているかの様に姿をあらわしました。
素直に「おぉぉぉぉー!」ってなりましたよ(笑)

 

セット内容

セット内容は、左上から順番に

・Slick本体
・Slickの蓋
・取扱説明書
・ワランティカード
・ワーニングカード
・USBケーブル(microUSB)
・マウスピースメッシュ(網)5枚+1枚(マウスピースに装着済み)
・チャンバーメッシュ(網)5枚
・ステンレスポッド
・パッキングツール(シャグを入れたり掻き出したりする棒)
・クリーニングブラシ(チャンバー清掃用)
・18650バッテリー(出荷時は装着済み)
色々入っていますが、基本的に本体とパッキングツールさえあれば吸えます。
 
 
 

充電は5V1Aじゃなくても良い

USBケーブルは付属していますが、コンセント部分は付属していないので、用意してください。
CVAPOR3.0は5V1Aの充電器じゃ無いとダメです!壊れますよ!的な事が書いてありますが、Slickは5V1Aの充電器でも充電可能です。
ただ、急速充電には対応していません。

この辺は充電器を選ばなくて良いので良いと思います。

充電器も100均にも売ってますね🎶

 

 

チャンバーの底に敷く網は簡単に外れる

ワーニングカードには、シャグを入れる前にチャンバーの底に網敷いてね♪
じゃ無いと詰まっちゃうよ。って書いてあります。

この網、入れるだけで逆さまにすると網が出てきてしまうんです。
シャグ捨てるときに一緒に出てきますよね・・・
絶対使ってるうちにシャグと一緒に捨ててしまい網なくすと思います(笑)
CVAPOR3.0の様に固定してあればいいのにと思いました。

この辺をもうちょっと改良して欲しいですね😓

 

説明書は完全日本語

説明書も日本語でわかりやすく解説してあります。
英語の説明書も多いので日本語はポイント高いですよね🎶

 

 

本体に付属している蓋も高級感があり、テカテカの光沢を放っています。

蓋のフチには磁石がついており、本体上面や底面に近づけると吸い付く様に「カチッ」と吸着します。コレ、結構気持ちいいです✨

 

後、フタがある事で、バッグにそのまま入れていても埃等が付かないので衛生的にもGoodですね。

 

 

本体を弄り倒してみた

本体のカーボンはプリントシールでは無く、本格的なやつで中の繊維が光沢を帯びて光り輝いています。持っているだけで所有欲が満たされます。

ただ一つのボタンも大きく、クリック感も良く押しやすいです。

 

 

正面から見て本体ボタン右側にUSBの給電ポートがあります。

 

 

 

マウスピースは510接続

ガラスのマウスピースはCVAPOR3.0と同じ径ですが、内径がSlickの方が広いです。
この辺が味に左右してくると思います。

 

後、このマウスピースの取り付け口はVAPEでよくある510接続に対応しているので、
お持ちのドリップチップも装着可能です。

 

取り付けてみましたが、取り付けが少し硬いです。一応付くって感じですね。

 

 

マウスピースを分解

マウスピースのユニット部分。

CVAPOR3.0の様に下から取り外せるかと思いましたが、上からしか外れませんでした。

ガラスのマウスピースは押し込んで付いている感じ。

吸い口→メッシュ→土台の順でサンドイッチされている状態。

このガラスのマウスピースとメッシュは個別で購入できるので、無くしたり、落として割っても交換出来ます。

本体と接続する場合はマウスピースの下部がネジ式になっているので、ねじ込んで取り付けるタイプ。CVAPOR2.0と同じ仕様です。

 

チャンバーの底網が外れるので注意

チャンバーはGLAZEコーティングが施されており、引っかき傷を予防します。
このコーティングのお陰か掃除が容易に出来ます。

 

ただ、このメッシュをチャンバー底に置く様にして設置するんですが、

シャグをゴミ箱に捨てる時、一緒に落ちてしまってなくなる可能性がある為注意してください。

 

本体上面にある4つの穴が見えますが、この穴がエアーホール。

本体下部に穴が無い為、ここから空気を取り入れる。

 

 

温度設定について

上の写真にある通り、色で温度を設定します。この辺はFENIXも同じ方法を取っていますが、
やはりCVAPOR3.0の液晶表示の方がわかりやすいですよね。

 

 

温度設定は電源ボタン連続5回押した後、ボタンを2回押す毎に

185℃195℃205℃215℃225℃185℃・・・

と繰り返し表示されるので、好きな温度帯を選ぶことが出来ます。

 

ちょっと色で覚えるのが大変なので、やっぱりCVAPOR3.0の温度が液晶で表示されるタイプの方がわかりやすいですよね。

 

 

SlickとCVAPOR3.0のサイズの比較

CVAPOR3.0とSlickのサイズを比較してみました。

CVAPOR3.0に慣れているとかなり大きく感じますが、VAPEのチューブタイプを使用している方は馴染み深いサイズ感だと思います。

 

 

aspireK4と比較

aspire K4と比較してみましたが、ほぼサイズ感は同じです。

Slickの方が多少径が大きいです。

カーボンの質感もほぼ同等ですね。

 

CVAPOR2+&3.0のスペーサーが使える!

CVAPOR3.0のスペーサーが使用できるので、外出するときに便利ですね🎶

ただ、私の個体ではスペーサーを入れた後、取り出す時に中が引っかかって取り出しにくい状況になりましたので、使用は自己責任でお願いします。

 

 

チャンバーの内径

 

Slickの内径はちょうど10mmでCVAPOR3.0と同径です。

チャンバー径(ノギス目)
・Slick           :10.0mm
・CVAPOR3.0:10.0mm
・FENIX        :13.0mm
シャグは大体ですが、0.3~0.4g入ります。
 
 
 
 

交換用バッテリーは18650

底蓋を回すとバッテリーが外せる様になっている。上がプラス、下がマイナスになる様に取り付けを行う事。逆に付けても安全装置がついているため、特に危ないこともない。

18650バッテリーでも、プラスが出っ張っていないタイプで、Slick専用バッテリーでないと、補償が受けられなくなるので注意。

 

バイブレーション機能

バイブレーション機能は、1セッションで最初の起動直後、設定温度に達した時、加熱が終了する時の3回震えます。CVAPORと比べてバイブレーションがかなり長いのが最初ビックリしました(笑)

 

 

吸ってみた感想

今回使用したシャグはアークローヤル ワインベリーを吸ってみました。

 

アークローヤルワインベリーのレビューはこちら

 

設定温度215℃で喫煙しました。

吸ってみた感想ですが、コンダクションモデルのCVAPOR3.0のダイレクト感に強めなキック感と、
コンベクションモデルのFENIXのクリアーな味わいの中間を取った印象で、

喫味、キック感はFENIXよりダイレクト感があり、CVAPOR3.0より少なく、
味の繊細さはCVAPOR3.0より繊細で、FENIXより劣るという
器用貧乏の様な印象。
よく言えば、CVAPOR3.0とFENIXの良いとこどりをした印象。
悪く言えば中途半端な印象を受けました。
 
 
 
 
全然悪くないんですが、私はその時の気分でヴェポライザーを使い分けたい人なので、
ダイレクト感を強く感じたい時は「CVAPOR3.0」を使い、
味の繊細なところを感じたい。よりクリアーな喫味を感じたい時は「FENIX」
を使い分けたいです。
 
とにかく上記の良いところだけを味わいたい人はSlickめちゃめちゃ良いヴェポライザーではないでしょうか。
 
 
でも、喫味は最高に強く感じます。私の場合、確実にニコクラが訪れます。
これがハイブリッドの最大の良いところでしょうか。
 
 
 
吸引時、マウスピースが熱くなります。初めて吸う人はゆっくり加減しながら吸ってみてください。
 
 
 
 

吸った後のシャグの状態

Slickの吸い終わったシャグをシャグポンしようと思いましたが、出てきませんでしたので
パッキングツールで掻き出しました。

CVAPOR3.0と比べて若干色が違いますね。
Slickの方がよく燃焼されていて、乾燥状態も良いです。

この辺はハイブリッドの特徴なのか、全体に熱が回っている印象を受けました。

 

充電時の状態

 

評価

扱いやすさ:★★★★☆
喫味   :★★★★☆
キック感 :★★★★☆
携帯性  :★★★☆☆
質感   :★★★★☆
電池の持ち:★★★★★
総合評価 :★★★★☆
扱いやすさはボタン一つで特に難しい事は無いので★4。
喫味やキック感もニコクラをかなり感じますし満足できるレベルなので★4。
サイズ的に私はちょっと長いかなぁ〜と思ったので★3にしました。重くは無いんですけどね。
質感も高く、カッコいいカーボンなので★4にしました。
電池の持ちは18650バッテリー交換式なので、電池を複数持っている人はバッテリー切れ知らず。
間違いなく★5に相応しい。
 
結果、総合的に★4にしました。
やっぱり大きい本体がネックで携帯性に劣り、吸った時の蒸気がCVAPOR3.0より2倍くらい熱かったので星を減らしました。後、シャグ排出時の網が毎回取れるのが地味にストレスになります。

最後に

いかがだったでしょうか✨

 

コンダクションでもないコンベクションでもなく両方の良いところだけを取った、
ハイブリッドモデル。
喫味にクセが無く、どなたでも美味しく使えるヴェポライザーではないでしょうか。
一番の利点はバッテリーが交換可能だと言う事ですね。

 

この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

それじゃまたね🎶

 

私イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」としていただけると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述