激安!超小型!3980円で満足度の高い初心者におすすめなフォーカスベイプ「ピス」を試してみた。

ヴェポライザー

 

みなさんこんにちは🎶

 

先日住宅街を散歩していたら首輪をつけた足の短いミニチュアダックスフントが、

鎖なしでウロウロしていて、

 

イッチー
イッチー

げっ!鎖から離れたのかな・・・怖いな・・・

 

と思っていました。※私は犬が大の苦手です😓

住宅街なので、逃げ道が無く、まっすぐ進むか引き返すかしかありません。
でも、私の家は犬がいる方にあるので、引き返して遠回りするとかなり距離があるし、途中走ったりして疲れたのでそのまま進むしか選択はありませんでした。

 

イッチー
イッチー

こ、怖いけどこのまま普通の通行人のフリして通過しよう・・・

 

と、「犬様には何も危害は加えません。ただのしがない通りすがり人Aです勘弁してください🙇‍♀️」

と、心の中で懇願しながら近づいていくと、首輪のついたダックスフントがこっちに気づき、

一言、ワン!!!吠えてきてこっちに全力で走って近づいてきました。

私は、「もうだめだ、私は噛みちぎられてダックスフントの餌になるんだ・・・」と気が動転し、

 

イッチー
イッチー

うわああああああああああああああ!!

 

と、今まで走ったことのないブレーキの壊れた暴走列車のようなスピードで、

住宅街を大声で絶叫しながらまっすぐ走り抜けました。

 

暴走列車が大声で叫びながら200m位走り抜けた所で、追ってきていないような気配を感じたので、後ろを振り返ると、

 

めっちゃ遠くでトテトテとこっちに走ってきているダックスフントの可愛らしい小さな姿が目に映りました。

 

イッチー
イッチー

そっか!足短いし走るのも遅いから私に追いつけないんだ・・・勝ったハッハッハ!!

 

と喜びの拳を天に振りかざしていたら、やっと辺りの光景が見えてきて、

住宅街の方々が5、6人程「何事だ」と外に出てきていて、こっちを見ていました。

 

その時私はやっと我に返り、事の重大さを把握し、喜びの拳を音速で振り下ろし、

 

イッチー
イッチー

大声出してスミマセ〜ン!!犬が怖かったんですぅ〜・・・・😢

 

と家から出てきていた方々の方を向いて何度もペコペコ謝ったら、

出てきていた方々「あっはっは、気をつけなよ〜(笑)」

と言われ、生類はずかしめの令を受けたイッチーです😥
※家に帰るまで心の中で_| ̄|○となりながら何度も地球を叩きました・・・

 

 

さて、今回は激安でも満足度の高い初心者にもオススメなfocusvape「Pith」のレビューをしていきたいと思います✨

今回、比較用にウィーキーCVAPOR3.0とFENIXも使用しました。

 

各レビューはこちら↓

 

ヴェポライザー の情報

名称     :focusvape Pith(フォーカスベイプ ピス)

方式     :熱伝導式チャンバー(コンダクション方式)

サイズ    :19.4mm×35.3mm×84mm

バッテリー容量:850mAh(7〜8セッション喫煙可)

温度設定範囲 :200℃、210℃、220℃(LED表示三段階温度設定)

喫煙時間   :3分間

価格     :3980円(税込)※2019年4月現在

 

ヴェポライザーって「高い」というイメージありませんか?

 

試してみたいけど、結構するんだよね・・・

 

そんな貴方にPithは低価格本格的なヴェポライザーとして、

バブラーヴェポライザーが有名なfovusvapeさんから破格の3980円で発売されました。

 

Pithとは確信、本質、重要な、という意味で、多分ですが「本格的な」という意味合いでしょう。

別の意味で「植物の茎的な」という意味合いもありますが、絶対こっちじゃないですよね(笑)

 

加熱方式はコンダクション方式でCVAPORと同じ方式を採用しており、喫味もCVAPORと似ています。

熱伝導式チャンバー =コンダクション方式
空気対流式チャンバー=コンベクション方式
サイズもコンパクトで2台目に持っておくにも邪魔になりませんし、男の方ならポケットに忍ばせておく。ということも出来ますね✨(サイズの詳細は後述)
※私もこれからバッグの中のポーチに忍ばせておこうと思います(笑)
バッテリー容量は850mAhで7〜8セッション喫煙可能です。
これに関してはちょっと吸える回数が少ない気がします。
ただ、ちょっと吸いするなら十分ですね🎶

開封してみた。

 

さぁ、いざ開封!!

と思った矢先、

 

イッチー
イッチー

ちょっと待って!ここになんか・・・

 

 

なんかまつげのような毛がテープに付着しています(笑)

これも付属品かしら・・・🤣

ま、いっか(笑)箱だからね。(笑)

 

 

 

後ろに内容品、仕様、本体の色情報が載っています。

 

私は無難なシルバーにしましたが、このPithカラーバリエーションも豊富なんですよ♪

ブラック
ガンメタ
シルバー
ブルー
マゼンタ

 

 

この伝説の宝箱の封印を開けるような作業、ワクワクしますよね。

 

 

中を開けたらこんな感じ。

内容はホントにシンプルです。経費削減でしょうね。でも、普段使わない説明書やワーニングカードにお金使うくらいなら、こういう所を削って本体安くしてくれた方が私はありがたいんです。

 

 

左から、

・本体
・USBケーブル(microUSB)
・シャグを掻き出す棒
・清掃用ブラシ
・たばこフィルター用マウスピース
・510変換用アダプター
・ワーニングカード兼取扱説明書
と入っており、高級なモデルと入っているものはだいたい同じです。
ワーニングカードと説明書が一緒になってるのも企業努力が伺えます。
このカードさえ目を通せば一通り使えるようになっています。すごい。
充電しながら使用するパススルーは未対応。
しかし、5V2A接続可(急速充電は未対応)は嬉しいですね。
モバイルバッテリーやコンセントを選ばなくて済みます。

ヴェポライザーの詳細

本体には初めからシリコンケースが付属しています。

コレつけておかないと結構熱持ちますので付けといたほうが良いです。

はっきり言っておきますが、本体の質感はチープです。

でもそこがいい!おもちゃ感がいい!そこに痺れる憧れるぅ〜!(笑)

 

全体的な質感は安さを否めませんが、コレはコレで割り切っても良いと思います。

チャンバーの中とか内部構造はしっかりと作られています。

 

ちゃんと510変換のアダプターも付属していて、お持ちのVAPE用のドリップチップを付ける事も可能。

喫味が強いと感じる方用にフィルターを刺せる吸い口も付属しています。

ベイプ用のドリップチップも付けてみましたが、もう見た目ベイプですよね(笑)

 

 

大きさ比較

 

左からPith、CVAPOR3.0、FENIXと並べてみました。

大きさは一目瞭然。Pithめっちゃ小さいですよね。持ち運びに便利だし、ポケットに入れても嵩張らないです。

 

ライターと同じくらいの大きさ

たばこの箱、ライターと比較してみました。

たばこの箱より小さく、ライターより少しだけ大きいです。

普段タバコを持ち歩いている方なら「そんな小さいの!?」って思っちゃいますよね(笑)

 

チャンバー径

ちょっと写真ボケててスミマセン😅

チャンバー内径8.9mmでFENIXやCVAPORに比べると小さいですね。

チャンバー径
・FENIX     :13mm
・CVAPOR :10mm
・Pith        :8.9mm

吸い口の構造

吸い口の構造は5つのパーツで構成されており、真ん中の白い石(昔お風呂の薪に使っていたオガライトみたいなやつ)があるのとないのでは喫味にかなりの差が出てきます。

 

コレを入れないと喫味がイガイガします。交換用の部品も売っていますので

 

「使い続けてるけど、最近イガイガするなぁー」

 

と思った方は交換される事をお勧めします。

 

 

吸ってみた。

今回は大人気シャグコルツクリアメンソールを吸ってみました。

このPith、シャグのパウチにすっぽり入るので、巻紙が付いていたスライムみたいな接着剤に

「ピタッ」と貼り付けたらコンパクトに携帯できちゃいますよね(笑)

 

 

 

シャグはこのくらい。0.2〜0.3g程とって指先で丸め、チャンバー内に入れます。

 

 

電源ボタンを連続で素早く5回押すとバイブレーションが「ヴーーーッ」と鳴り、LED(白)が3回点滅して、三段階で電池残量を教えてくれます。

・LED1個点滅=20%以下
・LED2個点滅=20%〜70%
・LED3個点滅=70%以上

電源が入っている状態で真ん中のボタンを1回押すたびに温度設定が可能です。

200℃→210℃→220℃→200℃・・・といった感じで温度設定出来ます。

 

 

吸った感じは喫味良好

吸った感じは結構味が出るし、キック感も感じやすいので、

 

イッチー
イッチー

えっ、こんない小さいのに喫味こんなにわかりやすいんだ!!

と驚いてしまいました。かなり美味しく吸えます。3980円とは思えない程に。

コルツクリアメンソールのメンソール感もしっかりあり、甘さも感じます。

この喫味はCVAPORを凌駕するほどの威力はあります。

あと、CVAPOR3.0と同様に喫煙出来る温度に達した時、バイブレーションで知らせてくれる機能はあっぱれと言うしかないでしょう。わかりやすいです。

あと、喫煙終了の15秒前になるともう一度バイブレーションで教えてくれるので、

「終わるから片付ける準備しなきゃ」と気構えることが出来るのでコレは便利ですね。

 

デバイス裏にはドロー調整機構を装備

デバイス裏のスライドバーを動かすとドロー(吸ったときの重み)を調整可能です。

ただコレだけの機構ですが、よく考えられています。

 

3分経って喫煙終了🎶

 

 

喫煙終了後のシャグの状態

シャグポンは成功しづらいですが、シャグを掻き出してみると、加熱ムラは多少ありますが、

よく熱が回っていると思います。

 

 

注意点

1回目のセッションから2回目のセッションに移る時位から非常に熱を持ちます。
吸い口がかなり熱くなるので火傷しない様に注意してください。
電源投入後から喫煙可能になった時、おそるおそるゆっくりと吸い始めて
温度を確かめて下さい。
熱くて吸えない場合、フィルター用の吸い口に付け替えるか、VAPE用のドリップチップに付け替えてご使用下さい。

評価

扱いやすさ:★★★☆☆
喫味   :★★★☆☆
キック感 :★★★★☆
携帯性  :★★★★★
質感   :★★☆☆☆
電池の持ち:★★☆☆☆
総合評価 :★★★☆☆
ワンボタンで簡単な仕組みで好感が持てますが、本体とマウスピースが熱くなる点がマイナス。
小さい割に喫味もしっかりしていて満足できるレベル。しかし、雑味やイガイガ感は多少認める為星3。
携帯性は非常にコンパクトでこれより小さいヴェポライザーをみたことがないので星5。
質感はややチープで所々作りが粗いので星2。が、価格を考えると妥当である。
電池の持ちは7セッションから8セッションとたばこをあまり吸わない人ならアリ。一日20本以上吸う方はモバイルバッテリー必須な為星2。
よって総合評価は★3に決定します。

最後に

いかがだったでしょうか。
超小型、3980円で喫味良好と魅力的なフォーカスベイプ「ピス」の紹介でしたが、
これからヴェポライザーを始めてみようと思っている方
1台目のバッテリー切れ対策用に2台目が欲しい方
大きいデバイスが嫌いでスマートに使いたい方
とにかく色々と試してみたい方
この機会にPithを選んでみてはいかがでしょうか。
私はもういつものお出かけバッグに入れました(笑)
それではまたね🎶
私、イッチーはブログ村のランキングに参加しています。
イッチーを応援したいと思った方は「ポチッ♪」とお願いします🙇‍♀️

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述